あなたにとって住みやすい街は?街の住みやすさから理想の住まいを見つけましょう!

@niftyトップ

川崎市麻生区の住みやすさ情報

住みやすさ指数

  • 川崎市麻生区
  • 神奈川県

総合評価

3.75

  • 交通・アクセス

    3.30

  • レビュー

    -

  • 治安

    2.95

  • 教育・保育

    5.00

  • ※住みやすさ指数の各値は、当社独自の計算方法により算出しています。

生活に至便で豊かな自然も魅力の川崎市麻生区

川崎市麻生区は、川崎市の7行政区のひとつで、1982年に多摩区からの分区で誕生しました。人口は約175,500人( 2015年5月時点)。市の北西部の多摩丘陵に位置しています。小田急線の新百合ヶ丘駅周辺が川崎市の北部副都心として位置づけられ、大型商業施設や金融機関や医療施設、大学などさまざまな施設が集積し、緑も多い住みやすいエリアです。さらに、小田原線や多摩線利用により東京へ通勤・通学する人が多く、東京のベッドタウンとしての役割もあります。渋谷駅への通勤高速バス、羽田空港や成田空港行きの直行バスも利用でき、都内のみならず遠方へのアクセスも良好な地域です。
また、その他の駅の周辺にも、小規模商業地区や商店街があり、日々の買い物には困りません。小田原線で最も古い駅の柿生駅周辺には、静かで落ち着いた住宅街が広がっています。隣の新百合ヶ丘駅に急行がほぼ接続しており都心へのアクセスもしやすいです。周辺には緑豊かな公園やあじさいの名所である浄慶寺もあります。バスも広域にわたって走っており、休日には家族でいろいろな場所へ出かけられるエリアです。柿生駅付近には、遊具が豊富な幼稚園やアスレチックが充実している小学校など、子どもがのびのびと育つことのできる環境が整っており、家族でも住みやすい地域といえます。
区内には芸術、文化関連の施設が多く、川崎市麻生区は「しんゆり・芸術のまち」を目指して、川崎・しんゆり芸術祭や映画祭などのイベントを展開しています。川崎市麻生区は音楽や芸術にも力を入れている魅力のある住みやすい街です。

【神奈川県】【川崎市麻生区】の物件をお探しの方はこちらからどうぞ

川崎市麻生区の施設マップ

洪水ハザードマップ

地図上のアイコンはおおよその位置を表しており、実際の場所と異なる場合がございます。詳しくは施設等に直接ご確認ください。

川崎市麻生区の口コミ

現在準備中です。

電車

    横浜まで 川崎まで 武蔵小杉まで
柿生 53分(乗換2回) 50分(乗換2回) 38分(乗換2回)
若葉台 62分(乗換2回) 50分(乗換1回) 39分(乗換1回)

教育・保育

サポート

小児医療費助成事業 中学生卒業まで
出産育児一時金 出生児1児につき420000円
待機児童数 3人

主な公共施設

川崎市麻生区役所 〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目5-1 044-965-5100

公式サイト

治安・犯罪

犯罪発生率
  • 川崎市麻生区(0.49%)
  • 神奈川県(0.65%)
犯罪発生数 770件
災害履歴
1982年
台風18号による浸水
1976年
台風17号による浸水
1966年
台風4号による浸水

その他

平均年齢
  • 川崎市麻生区(43.50歳)
  • 神奈川県(45.18歳)
外国人居住率
  • 川崎市麻生区(1.60%)
  • 神奈川県(2.04%)

イベント・スポット

花火

現在準備中です。

祭り

あさお区民まつり 10月
麻生不動のだるま市 1月

人気スポット

現在準備中です。

物件の相場

  • ※このデータは「@nifty不動産」に掲載されている物件を元に算出したものです。
  • ※相場情報はあくまで参考値です。目安として活用ください。

【神奈川県】【川崎市麻生区】の物件をお探しの方はこちらからどうぞ

【神奈川県】【柿生駅】の物件をお探しの方はこちらからどうぞ

【神奈川県】【若葉台駅】の物件をお探しの方はこちらからどうぞ

  • ※掲載中の情報は、2016年4月に@nifty不動産が調査を行った際の情報です。
    最新且つ正確な情報につきましては各自治体のウェブサイトにてご確認下さい。
  • ※掲載中のデータは、公表された情報、または当社が独自に集計した情報を元に算出しています。

川崎市麻生区の住みやすさ ページの先頭へ