【小岩1】

商店街がたくさんある小岩をお散歩

【小岩2】

小岩駅の改札を出て迎えてくれたのは、ここ江戸川区出身の名横綱「栃錦関」の銅像です。過去に10回の優勝経験を持ち、若乃花とともに大相撲の人気に一役買った力士でした。街のシンボルのようになっていて、日曜日のこの日は、多くの人たちが銅像前で待ち合わせをしていました。

【小岩3】

「小岩駅」には、多くの商店街があります。南口を出て右側にある「小岩フラワーロード」は昭和2年に発足し、江戸川区全体で見ても規模の大きい商店街です。和洋中のレストランがそれぞれあるほか、靴屋や洋服店、理容室もあり、ここでは約200の店舗が営業しています。

【小岩4】

フラワーロードは様々なイベントが開催されることでも有名です。特に春の「花壇コンクール」では、学校の子どもたちや地元の方たちが手作りの花壇を披露。また年末になると「現金つかみ取り」というイベントも開催するユニークな商店街です。

【小岩5】

商店街を少し歩くと大型スーパー「サミット」を発見。この建物では喫茶店も営業しているほか、上にはジムも開設しています。汗を流した後にお買い物もできますね。

【小岩6】

建物を見上げると、なんと上には高層マンションが!写真を撮りましたが、「サミット」の看板が写りきらないほどの高さ。調べてみると、2015年に完成したばかりの29階建てマンションでした。こんなに大きい商店街の中で暮らせたら、遠くまで歩かなくても生活用品が全部揃って便利ですね。

大人のくつろぎスペース 喫茶「木の実」で洋食ランチ

【小岩7】

「小岩駅」の北口に移動。駅前には「小岩駅北口通り会」という商店街があります。

【小岩8】

この商店街を5分ほど歩くとレトロな外観の喫茶店「木の実」が見えてきました。こちらは昭和30年にオープンして以来テレビや雑誌、書籍で何度も取り上げられている人気の洋食レストランです。

【小岩9】

中に入ると椅子や照明など、内装はオシャレでレトロな雰囲気に統一されていました。ランチメニューは「日替わりスパゲティ」や「ハンバーグカレー」など、数種類を提供しています。私はお腹が空いていたので、ガッツリ腹ごしらえをすべく「ビーフシチューオムライス風」を注文しました。

【小岩10】

料理が来るまで店内を見せていただくことに。お店のいたるところに飾ってある油絵は、全てマスターのお父様が描かれたと教えてもらいました。あまりの上手さに、油絵を描かれるお客様から「誰が描いたんですか」とよく聞かれるみたいです。

客層は中高年の方がメインで、女性の友人同士やご夫婦、男性おひとりでいらっしゃる方も見られました。落ち着いた雰囲気のため、大人に愛されるお店なのでしょう。

【小岩11】

「ビーフシチューオムライス風」はコーヒーが付いて990円 (税込)でした。

牛肉やじゃがいも、ニンジンがゴロゴロと入って具だくさん。ご飯の上にはふわふわの卵が乗っていて、食べ応えバツグンのランチは男性でも満足できるボリュームです。マスターも女性スタッフの方も和やかな雰囲気で、ゆっくりとご飯を楽しめました。

住民の憩いのカフェ「グラッパ」は、お花の教室も開催

【小岩12】

「小岩駅北口通り会」を抜けて蔵前橋通りを右に進み、京成小岩駅がある方面へと向かいます。ここの通りは車がよく行き交っていて賑やかなので、ひとり暮らしの方でも安心して暮らせそうです。

【小岩13】

小岩駅の北口から歩くこと12、3分。カフェ「グラッパ」は、蔵前橋通りと柴又街道の交差点を曲がったところにある商店街「小岩柴又通り会」の近くにありました。住宅街にあるマンションの1階に佇むこの店は、中に入るとジャズが流れており、優しそうな女性の方が出迎えてくれました。

【小岩14】

素敵なカップで提供される紅茶は400円 (税込)。

ランチタイムには、「赤ワイン煮込みハンバーグ」や「角煮たまごカレー」といった、ひと手間かけた洋食が提供されています。

【小岩15】

店内では常連と思われる数名の男性客が、ランチを注文していました。

【小岩16】

お店のカウンターの向こうに、カラフルなお花が置かれているのを発見。オーナーの方が、オーストラリアに自生している植物のプリザーブドフラワーだと教えてくれました。こちらではお客様の希望日に合わせて、プリザーブドフラワーの教室が開かれているとのこと。この花が放つパワーには、ヒーリング効果があることで有名のようです。

私もたくさんの花に癒されてひと休みしたところで「グラッパ」をあとにしました。

空港へのアクセスも良く、夜も賑やかな街

【小岩17】

再び、徒歩で小岩駅に戻ってきました。小岩駅はバスも多く運行しており、「金町駅」や東京ディズニーリゾートへ行くことができます。また成田空港行きの高速バスも出ていて、大人一名につき1,550円の運賃で乗車可能です。この日も、空港へ向かう人たちが南口のロータリーで列を作っていました。通勤や通学で都心へ通いやすいことに加え、小岩は海外にも行きやすい立地であるといえるでしょう。

【小岩18】

また北口には商店街のほか、駅の目の前に「イトーヨーカドー」もあります。日曜のためか店の外ではセールが開催されていました。これほど駅から近い場所にあると、仕事帰りに色々と調達できるのでとても便利ですね。

商店街は夜になると営業するお店も増えるため街全体は明るく、帰宅時間が遅くなってしまう方でも安心して住める街といえそうです。

まとめ

【小岩19】

小岩は新旧のお店が入り交じった、にぎやかな街でした。地方からこちらに出てきた方でも、暖かく迎え入れてくれる商店街の人たちがいるため住みやすいはずです。駅の近くにはマンションもたくさん建っていて、お子さんを連れたファミリーも多く見かけました。

近くには江戸川が流れており、河川敷でスポーツやバーベキューも楽しむことができます。夏になると江戸川区の花火大会があり、一層盛り上がりを見せる地域です。

地元の人との交流をもてる小岩を、次の引っ越し先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら