【画像1】

借りたものはキレイにして返す!これ常識

賃貸物件といえども、長らく住んでいたら、気持ちのうえでは自分の住居と錯覚してしまいがちです。しかし、現実には他人のものを借りているだけということを忘れているだけに過ぎません。借りたCDや本を返すとき、汚れていたら「大変!」と思いますよね。破損してしまったら弁償するのは当たり前です。お部屋だって例外ではありません。

今まで貸してもらったことに感謝の念を示し、引っ越しの際にはお部屋の隅々までキレイにして退去したいものです。一生懸命掃除をすれば、退去立ち会い時のオーナーの心証がまるで違います。マナーを守ろうとする心は、自然に伝わります。

戻ってくる敷金を減らさないために

どうして引っ越し前に掃除が必要なのか、その理由はマナーだけではありません。契約書を交わしたときに説明を受けたはずですが、住み始めたときに近い形で引き渡さないと、原状回復費をとられるケースがあります。明らかに借主の過失による汚損、破損は、修繕費を敷金から差し引かれてしまいます。

ただし、日常生活で発生するような汚れは借主負担とはなりません。例えば壁紙の経年変色や、家具を置いた跡などです。他には、生活を送るうえで避けることのできない汚れやへこみであり、これらは想定内であるとして貸主側の負担になります。そこを指摘された場合には、きちんと主張したほうがいいでしょう。

ありがちなのがカビやシミ

【画像2】

ただ、「日常生活の汚れだ」と胸を張れないものはたくさんあります。ありがちなのは、結露を放置したことによるカビや、壁に飲食物などが飛び散ったときにできたシミです。ウッカリしていなければ防げたものなので、できる限り取り除いておかなければなりません。

カビは日頃気づかずに生活していることが多いものです。なぜなら、ジメジメしたところにできるのがカビなので、そもそも普段から見えているところには発生しにくいからです。しかし、いったん意識し出すと、たくさん見つかると思います。特に窓のまわり、浴室、トイレ、キッチンはカビやシミの宝庫です。このとき、市販のカビ取り剤を使って結構ですがやりすぎに注意して、逆に家を傷めてしまわないよう、注意書きをよく読みながら加減して行います。

荷造りをして空いたスペースから少しずつ掃除を

荷造りはおよそ2週間前から始めると、あとでバタバタせずに済みます。日常生活に差しさわりのないところから始めて、スペースが空くごとに掃除をするようにしましょう。特に部屋数の多い一軒家などの場合は、一日ごとに備え付けの収納を何かひとつは空にして掃除することを心がけます。

必ず掃除しておきたいポイント1 キッチンまわり

キッチンは家の中で最も汚れやすいポイントのひとつです。また、「そんなに自炊していないから、汚れてなんかない」という人こそ危険です。水場でありながらものを動かさない分、そこには虫が潜んでいたり、カビが発生しがちだからです。次の人が気持ちよく使えるように配慮しなければなりません。

引っ越し2週間前になったら、必要最低限の食器類だけを残して、キッチンまわりの荷造りを始めます。空いたスペースから順に隅々まで拭き掃除をしましょう。レンジの後ろなど、動かせる家電は一度ずらしてチェックするのがポイントです。レンジフードやコンロまわりはなるべく引っ越し前日に手をかけます。

必ず掃除しておきたいポイント2 浴室

【画像3】

日頃から浴室のカビには気をつけて掃除していたという人も、いったんシャンプーラックや掃除用品を取り除いてみましょう。思いがけないところにカビは潜んでいます。もしカビを発見したら、ネットでカビ撃退方法を検索して、お好みの方法を選んでカビを除去してください。ただし、浴室全体を一気にキレイにしようとして、あそこにはこれ、ここにはこれと複数の洗剤を使ってはいけません。有毒ガスが発生する危険性がありますので注意が必要です。

必ず掃除しておきたいポイント3 トイレ

ペーパーラックや掃除用品を取り除いたところはホコリが溜まっていることでしょう。普段は掃除をしづらい便器の裏側、窓の桟も気になります。ガンコな汚れは、いったんトイレ内の水を抜いて洗剤を使うと効き目が薄まらないため効果的です。また、汚れがとれないとあの手この手を使いたくなりますが、浴室と同様、同日に複数の洗剤を使わないよう気をつけましょう。

必ず掃除しておきたいポイント4 窓ガラスと桟

「窓なんて拭いたことがない」という人は意外と多いのではないでしょうか。大掃除のタイミングで里帰りをするような人ならなおさらですよね。しかし、大きい窓ほど磨けば陽の光が通り、部屋全体の印象が驚くほど明るくなります。貸主の印象もよくなりますから、ぜひ窓は拭いてください。

窓ガラスの掃除は二段階が基本です。水拭きして大きな汚れを落としたあと、新聞紙で水拭き雑巾の繊維まで拭き取るといいでしょう。最後に桟のホコリを古い歯ブラシなどで払い落とすことで、見違えるほどキレイになります。

必ず掃除しておきたいポイント5 電気シェードまわり

電気のシェードも、窓と同様、掃除をすると照明の明かりがよく通るようになります。特に夜は部屋の全体の印象がまるで違うものになっているでしょう。シェードはホコリを拭き取るだけで済むので、「どうして住んでいる間、掃除しなかったのだろう」と後悔してしまうかもしれません。

また、シェードを掃除するために踏み台へ上がれば、普段気づかなかった天井の汚れに気がつくことになると思います。その場合には、踏み台から落ちないように気をつけ、できるかぎりキレイにしておきましょう。

必ず掃除しておきたいポイント6 壁とドア

部屋の側面をサッと拭き掃除するだけでも、部屋の印象が整います。しかし、壁紙が痛むほどこすってしまうのはNGなので、基本は乾拭きで、どうしても落ちない汚れには固く絞った雑巾を使うようにしましょう。特にドアのまわりと桟にはホコリが溜まりやすいので、古い歯ブラシなどを駆使して丁寧に掃除することを心がけます。

必ず掃除しておきたいポイント7 家具の裏側

【画像4】

大きな家具を移動させるのは不可能かもしれませんが、可能な限り裏側をチェックしておきたいところです。カビがあれば、引っ越し当日にどのように掃除しようか計画が立てられますし、事前に洗剤を準備することもできます。

また、最終的には家具を取り除いてから掃除することになりますが、引っ越し当日の負担にならないよう、ホコリだけでも取り除いておければ後々助かります。

必ず掃除しておきたいポイント8 玄関

毎日必ず使わざるを得ないのが玄関です。そのため、引っ越し当日に掃除しようと考えてしまいがちですが、よくよく見てみると意外なところにホコリや泥がついています。そういったところは、なるべく早めに掃除をしておきたいところです。

引っ越し1週間前になったら、必要最低限の靴だけを残し荷造りしてしまいましょう。また、下駄箱と玄関収納の中は、砂ボコリや虫の死骸などが溜まりやすい環境です。必ず換気をし、マスクをして掃除に挑みましょう。

この経験を新居での掃除に活かそう

退去前の掃除は、ショックの連続です。あんなところにも、こんなところにも汚れがあったのかと、普段掃除を心がけている人ほど衝撃を受けるでしょう。壁紙の汚れを取り切れず、やむなく全面張り替えの負担をせざるを得なくなった人などは、「もう二度とカビは作らない!」という誓いを立てることになると思います。

その教訓を次に活かし、新居ではまめに掃除をしたり風通しをよくするなどの工夫を心がけましょう。そのほうが、住み心地もよくなります。また、家具裏のカビを防ぐのに効果的で、かつ楽しいのが部屋の模様替えです。季節ごとに家具の配置を変えてリフレッシュするのもまた、ひとつの有効な手段といえます。

まとめ

退去前に徹底した掃除を行うことで、貸主側の心証がよくなり、その結果、敷金の戻りがよくなります。自分で掃除をする暇がないという人は、引っ越しと同時にハウスクリーニングも行ってくれる引っ越し会社を探すのがおすすめです。単体で依頼するより割安になります。

お掃除を手伝ってくれる会社を探すなら、一括見積サイトを利用しましょう。@nifty不動産の一括見積サイトは、なんと全国200社もの引っ越し会社から探せます。あなたの希望にぴったりな会社がきっと見つかりますよ。