【画像1】

カップルに最適な「立ち寄りプラン」って?

多くの引っ越しの場合、「いままで住んでいた住居」から「新居」へ移動することになるため、荷物の積み下ろしは始めと終わりの2箇所でおこなうことになります。「立ち寄りプラン」は、「いままでの家」から「新居」のあいだに加えて「別の場所」にも立ち寄り、荷物の積み下ろしをおこなうことができるサービスです。

カップルが新居に一緒に引っ越しをする場合、本来なら、別々に引っ越し会社に依頼することになると思います。そのため、引っ越し料金も2回分、発生することになるでしょう。しかし、立ち寄りプランを使えば、荷物の積み下ろし場所は増えますが、依頼する引っ越し会社は1社であり、トラックやスタッフは1回分です。したがって、引っ越し料金も2回分に比べて安くすることができるというわけです。

どの引っ越し会社でも扱っているプランではありませんが、「立ち寄りコース」「カップルプラン」「2箇所からの引っ越し」といったプランがあれば、それをうまく活用することでいろいろなケースに対応することが可能です。

こんなにある! 立ち寄りプランの活用事例

カップルが同居を始める際の引っ越し

別々の家に住んでいたカップルが同居することになった際の引っ越しは、立ち寄りプランの代表的な活用例でしょう。

当日は、1人目の住居から荷物を搬出する→2人目の住居から荷物を搬出する→新居に2人分の荷物を搬入するという流れが一般的です。また、具体的なルートは位置関係や道路状況を考慮して引っ越し会社と相談することになりますが、新居に遠いほうの家からスタートして、パートナーの家に立ち寄るという順番が基本的なものです。

2人分の引っ越しを1回分のトラックとスタッフで対応してもらうことができるので、引っ越し料金が割安で済みます。それぞれに引っ越しをおこなうのであれば別々に見積もりをとり、料金交渉をすることになりますが、その手間を省くことができますし、引っ越し作業を1日で終えることができるのは、2人の時間を大幅に節約することにもつながるでしょう。

実家に立ち寄って荷物の積み下ろしをする

特に若い人の1人暮らしは、最初はこじんまりとした家で荷物をあまり置けず、大きい荷物は実家に預けてあるという場合もあるでしょう。その後、広い家への引っ越しや結婚を機に、その荷物を新居へ持っていきたいという人は多くいます。

そうした場合に立ち寄りプランを活用すれば、もとの住まいから新居へ向かうあいだに実家に立ち寄って、預けていた荷物を積んでいくことができます。その後新居へ向かえば、荷物の運搬が二度手間にならずに済むわけです。

反対のケースで、新居に持っていけないが保管しておきたいものを実家に預けていきたいケースにも対応してくれます。その場合は、実家に立ち寄って一部の荷物を下ろせばいいのです。実家が近所であったり、扱う荷物が多くないときは、追加料金が必要とならない場合もあるようです。

トランクルームへ立ち寄って荷物を収納する

トランクルームを使っている場合は、トランクルームに立ち寄って、新居に不要な荷物を下ろすことも可能です。トランクルームにしまっていた荷物を持ち出すという使い方も考えられます。

新居に行く前にトランクルームに立ち寄るか、新居で荷物を下ろした後にトランクルームに立ち寄るのかは、距離や荷物をどうするかによって異なるようです。

友人宅で譲ってもらった家具や家電を受け取る

引っ越しに伴って、冷蔵庫や洗濯機などの家電や、収納棚やソファといった家具を友人から譲ってもらうこともあるでしょう。その場合は新居の前に友人宅に寄ってもらい、家具や家電を受け取ることができます。

なお、大きな荷物を受け取る場合、もとの住まいの荷物を積んだ後に立ち寄ると、トラックに入りきらない危険があります。友人宅の場所にもよりますが、最初に立ち寄ってもらうほうが安全でしょう。

立ち寄りプランを利用するときの注意点

【画像2】

時間もお金も節約できる便利な立ち寄りプランですが、うまく使うには注意すべき点も少なくありません。

総量は1つのトラックに収める

あくまでも1台のトラックで複数の場所を回るプランですから、すべての荷物が1台のトラックに収まりきるようにしなければなりません。荷物の総量をきちんと把握し、見積もりの段階で引っ越し会社へ伝えることが重要です。もし、荷物が収まりきらなかった場合は断捨離をおすすめします。

「引っ越し代金は半額」とはならない

かなり割安な立ち寄りプランですが、だからといって半額になるというわけではありません。別々に引っ越しをする場合の70%程度に料金を抑えることができれば合格と考えましょう。

あくまで「立ち寄り」なので、場所によっては利用できない

1人の現住居から新居へ引っ越しをする「ついで」に立ち寄ってもらうというのが、立ち寄りプランの基本的な考え方です。したがって、かなり遠回りしなければならないような場所へは立ち寄ってもらうことはできないので注意しましょう。
立ち寄りが可能だとしても、移動距離がかさむことで料金が割高になることも考えられます。

荷物を途中で下ろす場合はスムーズにおこなうための準備が必要

新居の前に別の場所に立ち寄って荷物を下ろす場合は、その荷物をトラックの出しやすいところに置いておく必要があります。対象の荷物に印をつけるなどしたうえで、当日の荷物の搬出前にスタッフに伝えておけばスムーズです。

お得な立ち寄りプランを活用しよう

立ち寄りプランは、うまく使えばかなりお得な方法です。カップルはもちろん、それ以外のケースでもいろいろ活用することができます。荷物の積み下ろしをする場所などに無理がない場合は、利用しない手はありません。
立ち寄りプランを提案してくれる引っ越し会社を探してみましょう。