【画像1】

建売住宅ってなに?

建売住宅とは「新築住宅と土地のセット」のことであり、最近ではある一定のエリアに同じ仕様の建物を集合させて販売するのが一般的です。また以前は、住宅が完成してから販売するというケースがほとんどでしたが、現在は建築中や着工前に買い手がモデルハウスを見学した上で、購入を判断できるケースが増えてきました。

そして、建売住宅を検討している方の多くに見られるのが「すでに間取りが決まってるんだから、自分の好きにアレンジはできないんでしょ?」という勘違いです。もちろん、建売住宅であるため何から何までアレンジはできませんが、着工の段階や状況によっては追加料金を支払えば間取りや設備、壁紙などのプランを変更できる場合が増えています。建売住宅の購入を検討しているならば、とにかく相談してみることが重要です。

建売住宅のメリット

建売住宅の魅力はいくつかありますが、まずはなんといってもその安さでしょう。注文住宅ではどうしても、建築家への相談料や設計料金、デザイン料がかかってしまいますが、建売住宅ならこれらが一切かかりません。特に土地から探さなければならないという人には、土地の仲介手数料などを省ける可能性が高まるということもあり、建売住宅が安価な選択肢となるはずです。

また、建築のプロが万人向けに考え抜いた間取り設計を採用しているため、住みやすさが抜群となっています。意外に思うかもしれませんが、注文住宅で最も多い不満が「おしゃれにしたのはいいけど、住みにくい家になってしまった」というジレンマです。自分たちで練ったプランを注文できるのは格別ですが、のちのち思いもよらない不都合に遭遇することがあります。

その点、建売住宅はプロ主導なので、見栄えの良さのみならず、家族の動線、空気の流れ、掃除のしやすさなど、あらゆる面で最高の暮らしとは何なのかが追求されています。当然、「すべてが思い通りで完璧!」とはいきませんが、総合的にみて合格点の間取りを叶えてくれます。これほどの住みやすさを手に入れられるのも、建売住宅のメリットです。

さらに、契約から短期間で入居可能なのも建売住宅ならではのメリットといえるでしょう。注文住宅はその性格上、土地探しから建物のデザインや打ち合わせ、着工、完成、入居までを考えればかなりの時間がかかってしまいます。しかし、建売住宅なら完成前にモデルルームで間取りを確認できるため、新生活のイメージがしやすく、完成までもそれほど時間がかからないため、賃貸のような気軽さで引っ越しができるのです。

契約そのものについても、注文住宅は土地と建物について個別に手続きや契約をする必要がありますが、建売住宅ならこれらが一括で契約できるため、より簡便となっています。

建売住宅の注意点

【画像2】

次は建売住宅の注意点についてです。第一に、私たちが住宅において標準装備と思っているものが、建売住宅ではオプションであるという問題が起こりがちです。特に窓周りの網戸、雨戸となるシャッター、カーテンレールなどはオプションとしている業者が多いため注意が必要です。事前に必ず確認しておきましょう。

また、万人向けを想定した建売住宅の多くは、夫婦2人・子供2人をモデルケースに間取りが考えられています。高齢者に必要なバリアフリー、二世帯が住めるようなセキュリティーに関しては考えられていません。その上、多くの場合は増築や改築が難しい構造となっているので、購入を検討するなら家族構成やライフスタイルなどを今一度考える必要があります。

他にも、すでに完成している建売住宅を購入する場合、当然のことながら施行中のチェックができません。それは、欠陥工事を見つけられないという危険や可能性が隠れているということです。誠実な業者であれば問題はありませんが、接客応対などから施工品質を確実に判断する方法はありません。契約前に入念なチェックをするよう心がけてください。

まとめ

建売住宅の魅力は、安さ、住みやすさ、契約の簡便さにあります。デメリットは、安いぶんオプションを自分で選ばなければならないこと、モデルケース以外の世帯では住みにくさが生じる可能性があること、欠陥工事のリスクがあることなどです。

メリットを生かし、デメリットを防ぐには、たくさんの建売物件を実際に目で見て学ぶことが大切になっていきます。建売住宅を探すなら、@nifty不動産が便利です。一生モノの家探しですから、賢く選び抜き、納得のマイホームを手に入れましょう!


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら