【画像1】

注文住宅と分譲住宅の違い

「注文住宅」とは、住む人(建築主)が工務店やハウスメーカー、設計事務所(建築家)に依頼し、希望に応じて一から設計して建築する新築住宅です。建てる土地や間取りはもちろん、設備から使用する材料まで、自身の好みやライフスタイル、予算に合わせて選ぶことができます。

これに対して、すでに建築されている物件や、間取りや仕様があらかじめ決まっている物件を購入するのが「分譲住宅(建売住宅)」です。基本的に完成した状態かそれに準じた状態で購入し、建築されている土地に住むことになります。価格も基本的には決まったものです。

新築の戸建住宅を購入する方法としては、大きくこの2つがあります。

注文から入居までの流れ

いざ注文住宅をと考えたら、具体的にどのように進めればいいのでしょうか。一般的な注文住宅の入居までの流れは、以下のようなものです。

準備する

・これからの人生設計をふまえて、「どこでどのような生活をするか」という具体的なイメージを思い描きます。
・資金計画を立てるのも大事なプロセスです。貯蓄額や住宅ローンの返済可能金額などを試算して、予算のめどを建てます。

探す

・依頼する施工会社を探します。
・生活イメージや予算から住む土地を探します。

契約する

・土地の購入契約をします。
・施工会社に相談して具体的な建築プランを決めていきます。
・プランが固まったら、施工会社と建築請負契約を締結します。
・住宅ローンを検討し、金融機関と契約します。

着工~完成

・いよいよ施工に着手。建設中も現場に足を運びましょう。
・地鎮祭や上棟式、近隣住民の方への挨拶なども忘れずに手配します。
・完成したら、施工会社の担当者などと一緒に建物に入り、問題がないかどうかを確認します。これが済めば、いよいよ入居可能です。

注文住宅の長所

【画像2】

注文住宅の一番のメリットは、何といっても自由度の高いところ。「キッチンには広い作業台がほしい」「庭に面した明るい家にしたい」「子供のことを考えてリビング階段にしよう」といったように、住む人によってさまざまな理想やこだわりがありますが、オーダーメイドで建築する注文住宅はそうした要望に対応できます。好きな場所に建てることができるのも魅力です。

そのように「ここは譲れない」というところにお金をかける一方で、優先順位の低いところでは低価格の建材や設備を使うといったように、仕様を細かく調整することで全体として適切な予算配分が可能となります。

仕様が定まっていざ建築ということになれば、建築現場を訪れて、自分の家がどのように建てられていくかを日々見ていくことができます。気になることがあれば、現場の職人さんや管理者の方に積極的に質問しましょう。安心感にもつながりますし、家づくりの工程に深く関わることで、我が家への愛着も増します。

注文住宅の短所

自由度が高い注文住宅は、裏を返せば決めるべきことが多いということでもあります。施工会社との打ち合わせなどもあり、その分かかる負担は大きくなります。やっと施工プランが決まったら、それから実際の建築に着手しますので、入居できるようになるまでには相応の期間がかかります。

また、いろいろな条件をうまく取捨選択しないと、こだわればこだわるだけ建築費用は増えてしまいます。「せっかく建てるのだから」と無理をして予算オーバーになってしまうと、その後の生活に影響しかねません。

まとめ

注文住宅は、分譲住宅に比べてかかる時間と費用、負担は大きくなります。しかし、こだわりを反映した理想の家を建てたいと思う人には適した方法といえます。

そのためには、親身に相談に乗ってくれる施工会社を選びたいもの。施工会社の選択肢としては、大手企業で安心感のあるハウスメーカー、地域密着で細かい要望を相談しやすい工務店、住む人のこだわりを反映したデザイン力のある設計事務所(建築家)などがあります。まずはインターネットや雑誌などで情報収集し、魅力を感じる施工会社をいくつか絞って、プランの相談や概算の見積もり依頼を行って比較してみるのがいいでしょう。

こだわりのマイホームは欲しいけれど、注文住宅を立てるほど予算や期間の余裕がない…という場合は、建売物件の中から自分の趣味・嗜好にあったものを探したり、リフォームをして自分好みに改装したりするのも一手です。

「@nifty不動産」では、「ローコスト住宅」「外観デザイン住宅」などのこだわりテーマや希望の地域から絞り込んで、全国の大手ハウスメーカーや工務店の注文住宅のカタログ一括請求ができます。施工事例の紹介なども掲載されていますので、注文住宅を検討するうえで参考になるでしょう。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら