【画像1】

一戸建てを購入した場合のメリット

一戸建てを購入すると、管理費や修繕積立費がかからないというのは、大きなメリットなのではないでしょうか。自分の家なので、マンションよりも気楽に生活ができます。改築や増築も自分の意思で自由に行えるので、家族の結婚などに合わせてのリフォームも思うままです。隣の家との距離がある場合には、騒音などにもあまり神経質にならずに生活を送ることができそうですね。また、家が老朽化してきてしまったとしても、土地自体の価値は残ります。マンションとは違って、その土地が丸々自分のものなので、資産価値がそれなりに残ると考えて良いでしょう。他にも、プライバシーを守ることができるなどのメリットもあります。

一戸建てとマンションはどちらがいいの?

一戸建てが良いのか、マンションが良いのかということは、人それぞれでしょう。隣人とのトラブルが気になってしまったり、騒音に神経質になって生活をしたくないという人は、一戸建てを購入してしまったほうが良いかもしれません。多くの場合、購入にかかる費用は戸建てのほうが高くなりますが、土地の資産価値も手に入れられ、プライバシーも守りやすくなります。逆に、マンションだと将来の修繕計画がしっかりと立てられていたり、セキュリティーが比較的しっかりとしているというメリットがあります。大きい買い物ですので、もし購入を検討されている人は、一戸建てとマンションのメリット・デメリットをじっくりと考えて、判断したほうがいいでしょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら