【画像1】

戸建て住宅を購入する際の流れ

戸建て住宅を購入するとは言っても、建売住宅を購入するのか、未完成の住宅を自分の思い通りに建ててもらって購入するのかによって、戸建て住宅購入の流れは少し異なります。

建売住宅を購入することに決めた場合、まずは住宅の見学から始まります。自分の希望に合った間取り・造りである住宅を見つけることができると良いですね。気に入る住宅が見つかったら、購入手続きや住宅ローンの審査などの手続きが待っています。少し大変だと感じるかもしれませんが、夢のマイホームのために頑張りましょう。

未完成の住宅を購入する場合にも、まず初めに行うのは住宅見学です。現在どこまで作業が進んでいるのか・どのような土地に住宅が建てられることになるのかなどを確認しておきましょう。購入の申し込みなどの手続きは、住宅が完成するまでの間に行われることになります。

戸建て住宅の購入で注意しておきたい点

建売住宅を購入する場合でも、未完成の住宅を購入する場合でも、注意したい点はほぼ同じです。購入する住宅がしっかりとした造りになっているかということをチェックすることが大切です。

建売住宅の場合には、一度目の住宅見学の他にも、購入手続きが済んだ後に再内覧会というものが行われることが多いです。一度目の見学で指摘した部分がしっかりと修繕されているかということに注目しながら、購入した家の状態をチェックしていきましょう。

未完成の住宅を購入した場合には、完成した住宅を確認するための機会が設けられます。施工精度や契約通りの造りになっているかどうかをしっかりとチェックしましょう。完成した住宅を確認するための内覧会は、購入の契約をする際に買主から申し出ておくと、確実に行ってもらえるでしょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら