【画像1】

建売住宅の特徴

建売住宅を購入する際の魅力は、すでに住宅が完成しているため、間取りや雰囲気を全て確認してから購入できる点です。気になる住宅を見つけたらすぐに見学に行けるので、どのような生活を送っていくことができるのかというイメージもしやすいでしょう。住宅見学の時点で家具の配置などを想像することができますし、家族の部屋割りも決めていけますね。建売住宅であれば価格もはっきりと決まっているので、購入の計画も立てやすいでしょう。

また、どのような住宅が良いのかという希望が少しでも決まっていれば、物件を探しやすいという特徴もあります。気になる住宅を選んで見学に行くだけなので、住宅の購入がスムーズに進むことでしょう。

基本的に、すでに建築されていたり、建築予定が決まっている住宅に済むことになるので、購入から入居までの期間が短いのもメリットです。

注文住宅の特徴

注文住宅は、自由に住宅をプランニングしていけることが魅力です。住宅の間取り・仕様を全て自分で考えることもできるので、より希望に沿った戸建て住宅を手に入れられるでしょう。設計図だけでは住宅全体をイメージしにくいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、最近ではパソコンを上手く活用して、完成した住宅のシミュレーションを見られる場合もあります。このようなシステムを導入している会社で住宅を購入すれば、未完成の住宅でも生活のイメージを膨らませられるでしょう。

注文住宅の場合には、土地の確保や設計で、少し手間がかかってしまうかもしれません。ですが、家の仕様だけでなく予算にも合わせながら住宅を設計していけるので、価格面でも自由度が高いと言えるでしょう。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら