【画像1】

戸建て住宅を購入する際にかかる諸費用

戸建て住宅を購入する際には、住宅費用の他にも用意しておきたいお金があります。住宅を購入する際の手続きなどでさまざまな諸費用がかかり、全てを合計すると意外と大きな金額になってしまうものです。住宅購入の手続きにどのようなお金がかかるのかをあらかじめ知っておき、用意しておくことが大切です。

まず、住宅購入の手続きでかかってしまうのが、契約印紙代や事務手数料です。数万円かかることがほとんどですので、見落とさないようにしっかりとチェックしておきましょう。また、保険料でも高額な費用がかかってしまいます。戸建て住宅を購入する時には、万が一のためにさまざまな保険に加入しますよね。全く保険に入らないという人は恐らくいないかと思いますので、加入したい保険に合わせてお金を用意しておきましょう。

これらの他にも、ローン保証料や修繕積立一時金など、戸建て住宅の購入にはさまざまな費用がかかります。

住宅を購入した後にかかる費用

やっと戸建て住宅を購入して一安心したところで、さらにかかる費用があることを忘れてはいけません。一度のみ支払えば良いという税金もありますが、住宅を所有していることでこれから支払い続けなければいけない税金もあります。

不動産取得税は、不動産を購入することで一度のみ課せられる税金です。一度支払ってしまえば再び請求されることはありません。支払い続けていかなければならないのは、固定資産税や都市計画税です。これからの出費に加わることになるので、しっかりと確認しておきましょう。

戸建て住宅を購入するには、住宅費用の他にもさまざまな費用がかかります。あらかじめ確認して、お金を用意しておきましょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら