【画像1】

RC造(鉄筋コンクリート造)とはどのような造りなの?

RC造(鉄筋コンクリート造)とは、柱などの住宅を支える主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを使用している造りです。鉄筋とコンクリートを組み合わせているので、木造に比べると耐久性がとても高い造りと言えます。せっかく戸建て住宅を購入するのだから頑丈な家を建てたい、と考えている人におすすめです。

RC造で建てられた住宅は、耐震性・耐火性に優れています。ポイントは鉄筋とコンクリートの組み合わせで造られているという点で、鉄筋のみでは支えきれない住宅をコンクリートでしっかりと支えます。火災が起きた時にも、木造では燃えてしまいますし、鉄骨のみでは熱で鉄が溶けてしまう恐れがあります。鉄筋コンクリートであれば、不燃性のコンクリートが住宅を支えるので、火災が起きた時に崩れ落ちてしまうという心配もありません。安心して暮らすために、とてもメリットの大きい造りであると考えられます。

RC造を選ぶことのメリット

RC造を選ぶと、耐震性・耐火性に優れていること以外にもさまざまなメリットがあります。例えば、RC造住宅は遮音性が高いです。内部の音・外部の音をコンクリートが吸収してしまうため、静かで快適な生活を送れます。家の中で子供が騒いでしまっても、木造や鉄骨造よりも音が響きにくいので、近所迷惑になる心配も軽減されるでしょう。また、RC造では、自由度の高い間取りの設計が可能です。注文住宅の購入を考えているという人は特に、RC造を選ぶことで広々とした空間を実現できるかもしれません。リビングに大空間を作ることも可能ですので、住宅を設計する際には挑戦してみると良いかもしれませんね。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら