【画像1】

戸建て住宅の耐震性を見極めよう

注文住宅を購入する際には、どのぐらいの耐震強度にしたいかという希望を伝えて家を建ててもらえます。ですが、建売住宅の場合にはそうはいきません。住宅がどのような構造で造られているのかを確認することはできるかもしれませんが、どのぐらいの耐震性があるのかということは、なかなか見極めにくいですよね。すでに完成している住宅の耐震性を見極めるポイントを知りましょう。

まず、「建築時期」を確認してみることをおすすめします。1981年以降に建てられている建物は、新耐震基準で建てられているため、一定以上の耐震性を持っています。2000年以降にも耐震基準の改定があったため、2000年以降に建てられた住宅であればとても安心できるでしょう。また、「地盤」をチェックしておくことも大切です。地盤が弱い土地ではどのような対処をしているのかなどを確認して、地震が起きた時に土地が耐えられるかどうかを知っておく必要があります。

目で見て確認できる耐震ポイント

住宅の見学に行ってすぐに目で見て確認できるポイントは、コンクリートの基礎部分に大きなひび割れが無いか、床下換気口は付いているか、などの点です。これらの点は、目で見てすぐに確認できるポイントなので、気になる住宅を見学に行く前に頭に入れておきましょう。また、床下部分にシロアリなどの害虫被害を受けていないかという点もとても大切です。過去に害虫被害を受けている場合、入居して暮らし始めてから再び害虫被害を受けてしまう可能性が高いです。シロアリなどの被害で木材が腐敗してしまっていては大変ですので、事前に確認しておきましょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら