【画像1】

30代で戸建て住宅を購入するメリット

30代まで戸建て住宅の購入を待つことで得られるメリットとして、「頭金をしっかりと準備できる」というのはとても大きいでしょう。20代のうちに戸建て住宅を購入しようとした場合、収入も低いことが多いので、高額な頭金を用意できない可能性があります。頭金が少ないと借入金額が多くなってしまいますので、住宅ローンの返済までに時間と利息がかかってしまいます。30代までお金を貯めて、しっかりと頭金を準備してから戸建て住宅を購入すれば、借入金額を少なくできるので、利息も少なくできるでしょう。

また、より高価な家を建てたいと考えている場合にも、20代の頃に購入してしまうよりも30代までお金を貯めたほうが良いかもしれません。30代になる頃にはお金が貯まっているでしょうし、収入も上がっているはずです。収入が上がっていれば、借入可能額が上がりますので、少し高価な物件でも購入することが可能になります。

30代で戸建て住宅を購入するデメリット

メリットが多いように感じる30代での戸建て住宅購入ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

60歳までに住宅ローンを完済したいと考えた場合、ローンの返済期間が比較的短くなってしまいます。20代の頃に購入しておけばゆとりを持って返済できる住宅ローンも、30代になってから購入することで、返済に余裕を持つことが難しくなるケースもあるでしょう。かと言って、安易に返済期間を長く設定してしまうと、仕事を退職した後にも住宅ローンを払い続けることになってしまいます。老後の負担が増えて、生活が厳しくなってしまうのはなんとか避けたいですね。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら