【画像1】

40代で戸建て住宅を購入するメリット

40代になってから戸建て住宅を購入したいと思っても、もしかしたら遅過ぎるのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。しかし、40代で戸建て住宅を購入しておくことで、一足先に老後の住まいを確保できます。40代というと、老後にどのような生活を送ろうかと考え始めている時期かと思いますが、はじめに気になるのはやはり「住まい」でしょう。高齢者用の住宅もありますが、介護が必要な状態になった際には退出しなければいけないという住宅が多いです。安心して老後を迎えるためには、マイホームを持っておくと良いですね。

また、40代で戸建て住宅を購入する場合は、それまでの貯金でまとまった頭金を用意できる方が多いでしょう。頭金が多ければ多いほど、高額な住宅にも手が届きます。頭金を多めに設定して、その後に返済する住宅ローンを減らしても良いですし、ローンを増やして理想に近い住宅を選ぶのも良いでしょう。40代での住宅購入だからこそ、選択の幅が広がる場合もあるのです。

40代で戸建て住宅を購入するデメリット

40代での住宅購入は、住宅ローンの返済計画をどう立てていくかがポイントです。60歳までにローンを返済しようと思ったら、余裕を持って返済していくことは難しいかもしれません。とは言え、長期の返済計画を立ててしまうと、退職後にもローンを支払っていかなければいけなくなってしまいます。年金が主な収入源になる場合は、老後にローンを払い続けるというのは大変だと思いますので、返済計画は慎重に立てたいところです。どのように住宅ローンを返済していくのかという点に注意しながら、理想のマイホームで過ごす明るい老後を迎えたいですね。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら