【画像1】

購入する住宅価格の目安を考える

三井住友トラスト基礎研究所が2015年に発表した住宅購入価格に関する分析レポートによると、住宅の購入価格が年収の何倍に相当するかを示す「価格年収倍率」は、推計4.94倍となりました。

この調査は、住宅金融支援機構と民間金融機関の住宅ローン「フラット35」の利用者のデータを分析した平均値です。そのため、現金での購入や、そのほかの民間の住宅ローンを利用した購入データは含まれていませんが、住宅購入のトレンドを考えるうえで参考になります。

これを見ると、購入する住宅価格の目安は2000年代には4倍前後でしたが、今や5倍程度が一般的になってきているといえます。ここから計算すると、年収が400万円の場合、購入できる住宅価格の目安は2000万円ということになるわけです。

しかし、この5倍というのはあくまでも目安です。その金額で購入して余裕のある返済が可能になるかどうかは、その人その人の条件によってすべて異なります。

購入する年齢も返済に影響する

住宅ローンをどのように返済していくかというのは、戸建て住宅を購入する時期によっても大きく違いがあります。

まだ20代の、ちょっと早いかなと思われるような時期に住宅ローンを借り入れて戸建て住宅を購入してしまえば、最初は少し大変かもしれませんが、全体で見ると余裕を持った住宅ローンの返済計画を立てやすいと考えられます。年齢が若い分、就業期間もまだまだ長く、安定した収入を見込みながら長期間の返済を考えることができるからです。

一方、30代後半から40代に入って以降に戸建て住宅を購入する場合はその逆で、余裕を持った返済計画を立てることは少し難しくなってしまいます。住宅ローンの返済は何十年にもわたるものです。ローン返済の終盤にはすでに定年を迎える可能性もあります。

また、住宅ローンのほかにも、生活を送るうえでは生活費が必要になりますし、お子さんが大きくなるにつれて教育費が必要になってきます。購入した住宅も時間が経つにつれてメンテナンスをしなければなりません。そうした費用が発生することを考えながら、資金計画を立てていきましょう。

【画像2】

年収400万円の場合の住宅費用予算

年収が400万円の場合、購入できる戸建て住宅の適正価格はいくらぐらいになるでしょうか。

住宅ローンの年間返済金額は、年収の20%から25%におさめるのが望ましいとされているのが一般的です。年収が400万円とすれば、住宅ローンの返済金額は年間80万円から100万円が目安と考えられます。

安定して返済するという観点から、年間80万円の返済と仮定して単純に12カ月で割ると、毎月の返済額は約6万7000円です。無理せずに安定的にローンを返済していくためには、毎月の返済額をこのラインに基準に考えたほうがいいでしょう。

この返済金額をもとに、購入できる住宅価格がいくらぐらいになるか、@nifty不動産の住宅ローンシミュレーションで試算してみましょう。「年収400万円、返済は月6万7000円、金利2%、返済期間は35年、頭金100万円、ボーナス時の増額返済なし」という条件で試算してみると、「購入可能物件価格」は2,123万円でした。

同シミュレーション画面で、試算金額で購入可能な物件情報を見てみると、例えば神奈川県川崎市の小田急線沿線では駅から徒歩5分の新築戸建てといった物件もありました。中古も含めれば選択肢はさらに広がります。


こうして、年収から返済可能な金額を算出し、購入可能な物件価格の試算を行ってみることによって、購入可能な住宅のイメージをより具体的にふくらませることができるというわけです。

おわりに

戸建て住宅を購入して新しい生活を始めると、住宅の維持や生活にもお金がかかります。前述の試算額を超えて「毎月7万5000円ぐらいなら返済できるのではないか」「いや、8万円ぐらいなら」といまは思っていても、時が経つにつれて生活にどのような変化が起こるかわかりません。何かの理由で返済が苦しくなってしまう可能性もあります。

かといって、月々の返済金額を減らすために返済期間を長くすると、その期間の分金利が発生しますし、場合によっては退職後にもローンを返済することになります。いまの生活にも老後の生活にも支障が出ないよう、無理のない返済計画を立てていきましょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら