【画像1】

年収に応じた戸建て住宅とは?

先に述べたとおり、住宅ローンで借り入れることができる金額は年収の額によって変わります。年収が高額であればそれだけ借り入れ可能な額も増えることになりますし、年収が少なければその逆ということになります。

また、住宅ローンを借り入れれば、その後には返済が待っています。無理をして高い住宅を購入してしまうと、その後の生活が苦しくなってしまいます。借り入れ金額の多寡ばかりでなく、住宅ローンを無理なく返済していくという観点でも、年収に応じた金額を借り入れるというのが基本的な考え方といえます。

戸建て住宅を購入すれば、維持するための費用もかかります。定期的に点検・修繕も必要になりますし、10年スパンで考えれば大規模なメンテナンスも必要になってくるでしょう。購入後の生活が苦しいものになってしまわないように、年収に見合った住宅を選ぶことが大切です。

購入する年齢も考えよう

住宅ローンの返済計画を立てるとき、戸建て住宅を何歳で購入するかということも重要な要素になることを忘れてはいけません。仮に20代で住宅ローンを借り入れて戸建て住宅を購入するとした場合、まだまだ働き盛りですし、35年返済などの長期間での返済も可能となり、余裕を持った住宅ローンの返済計画を立てることができます。

一方で、「資金をある程度貯めてから」「会社で一定のポジションに就き、年収金額を上げてから」と考えて、30代後半や40代からの住宅購入となると、定年になる年齢以降も住宅ローンの返済が残ってしまう可能性が高くなります。

住宅購入だけでなく、お子さんの教育費用や老後の資金計画なども考えていく必要がありますので、返済計画は慎重に立てていきましょう。

【画像2】

年収500万円で購入する戸建て住宅の目安

ここからは、もし年収が500万円だとした場合、いくらぐらいの戸建て住宅を購入することができるのかについて考えてみます。

一般的に、住宅ローンの年間返済金額は年収の20%から25%が望ましいとされています。ここから考えると、年収が500万円の場合、年間100万円ほどの返済であれば無理せずに支払うことができる目安と考えることができます。

年間100万円を単純計算で月割りにすると、毎月の返済額は約8万3000円になります。これ以上支払うことになると、後々の生活に支障が出るリスクが高くなるというわけです。

「住宅ローンシミュレーション」で試算してみよう

前項で想定した返済金額をもとに、いくらぐらいの物件を購入することができるのか試算してみましょう。

@nifty不動産の住宅ローンシミュレーションで試算してみると、「購入可能物件価格」は2,506万円という結果が出ました。このように、年収から購入可能な物件価格の試算へつなげることで、どういう家を購入することができるのかということがより具体的にイメージできるようになったのではないでしょうか。

@nifty不動産の住宅ローンシミュレーションでは、試算結果と合わせてその額で購入可能な物件情報も表示されます。上記の試算では、東京都市部で駅から少し離れたエリアではありますが、新築の戸建て物件も含まれています。中古の戸建てであれば選択肢はさらに広がることになります。


おわりに

戸建て住宅の購入でお金がかかるのは、住宅を購入するときだけではありません。購入し住みはじめてからは、住宅を維持するための点検・修繕費用や固定資産税などの税金も発生することになります。家族のライフステージにともなって発生する出費もあります。そうしたことも考えて、無理のない返済計画を立てていきましょう。

前述の住宅ローンシミュレーションでは頭金なしで試算しましたが、あらかじめ頭金を用意することができれば、購入できる住宅の選択肢が広がりますし、高額の住宅を購入してもローン返済の負担を上げずに済みます。高額の住宅を狙うのであれば、極力多くの頭金を用意しておくとよいでしょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら