【画像1】

年収に見合った価格の住宅を購入しよう

住宅を購入する際には、年収に見合った価格の住宅を選ぶことが大切です。無理をして高い価格の住宅を購入すれば、それだけ住宅ローンの返済で苦しい思いをすることになります。

住宅は購入すればそれで終わりというわけではなく、その後に引っ越しがありますし、さらにその後に生活も控えています。新生活に向けて新たに必要になる家具の購入などもあるでしょう。日々の生活費のほかにも、お子さんがおられる家庭であれば教育費が発生するわけです。

そうした支出を考えると、住宅ローンの返済は無理ない範囲で計画しましょう。せっかく住宅を購入するのですから、生活にもある程度ゆとりを持って落ち着いて暮らしたいものですよね。

また収入額によっては、高額の住宅ローンの借り入れをすることができない場合もあります。借り入れ額は購入できる住宅の価格帯に大きく影響してきますから、場合によっては望んでいる家に住めないということもありえます。住宅を購入する際には、計画的に資金を準備するようにしましょう。

住宅ローンの借り入れ・返済計画を考えよう

住宅ローンの返済計画の組み方にはいろいろなバリエーションがあり、ローンを組む人の年齢や就業年数といった要素、戸建て住宅を購入する時期によっても違ってきます。

たとえば、20代の早めの頃に戸建て住宅を購入する方は、ゆとりを持った返済計画を立てやすくなるうえに、戸建て住宅を購入するまでに支払う賃貸物件の家賃も少なくて済みます。さらに、購入以降の長い期間を住宅ローンの返済に充てることも可能です。

一方で、30代〜40代で戸建て住宅を購入すると、返済期間によっては老後になるまでに完済することが難しくなってしまうかもしれません。しかし、頭金を十分に用意しておくという方法もありますので、計画的に資金を用意していきましょう。

年収600万円で購入できる戸建て住宅の価格の目安とは?

【画像2】

ではここで、年収600万円前後の場合を例にとって、どのぐらいの価格の戸建て住宅を購入できるのか、その目安を考えてみましょう。

不動産・住宅情報サイトの「@nifty不動産」には、「住宅ローンシミュレーション」という住宅ローンの試算機能があります。ここで、現在の家賃や住宅ローンの金利、希望する返済期間などを入力していくと、その条件で借り入れ可能な金額をシミュレーションできるのです。


例えば「年収600万円、現在の家賃9万円/月、金利1.5%、返済期間35年、頭金100万円、ボーナス時の増額返済なし」という条件でシミュレーションすると、購入可能な物件価格は「3,039万円」と算出されました。

シミュレーションに現在の家賃を入力するのは、その金額はこれまで支払ってきたものであり、支払い名目が「家賃」ではなく「住宅ローンの返済」に変わっても、これからも無理なく支払い続けられると考えられる金額であるからです。そのため、「住宅ローンを利用した場合における月々の返済金額の目安」として「現在の家賃」を使っているというわけです。

また、現在どのくらいの金利で借りることができるか、各金融機関の金利をチェックしておくことも大切です。

おわりに

住宅ローンを利用して戸建て住宅を購入しようと考えている方は、何年のローンを組んで、どれぐらいの額を借り入れるのか、きちんと見積もって計画を立てておきましょう。

購入する住宅の価格は年収に見合ったものを選ぶのが安全ですが、十分な頭金を用意しておくことができれば、高額な住宅を購入することも可能になります。どのような住宅を購入したいのかということを早めに考えて、余裕を持って購入できるように費用を準備してください。そして、自分の希望通りの戸建て住宅を手に入れましょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら