【画像1】

戸建ての家には寿命がある

どんな住宅でも、「一度建てればいつまでも住み続けられる」というわけではありません。例外なく「寿命」が存在しています。国土交通省の資料によれば、日本で普及している木造住宅の平均寿命は30~80年程度、鉄骨構造は30~60年程度、鉄筋コンクリート構造は40~90年以上とされています。

前述した平均寿命「30年~80年」ではかなりの開きがありますが、この違いはどこから出てくるのでしょうか。

ひとつは、設計や住みかたの違いです。これによって建物の寿命は大きく変動します。

もうひとつは、「木造住宅の寿命は30年」といわれることがありますが、これは建て替えの目安となっており、住めなくなるほど傷んでいなくても取り壊されている場合が多いためです。

つまり、住みながらきちんとメンテナンスを施して木材が傷まないように心がければ、80年あるいはそれ以上の長い間、住み続けられるというわけです。

戸建ての寿命を延ばすためのコツ

木造住宅の寿命を延ばし、長く住み続けるためには、具体的にどのようなメンテナンスが必要でしょうか。

普段の掃除

まずはなんといっても、まめな掃除でしょう。日頃の掃除は美観を保つだけでなく、家の寿命にも大きく影響するため、住宅の内外に渡って行いたいところです。また、掃除によって普段からいろいろなところへ目を配ることになるため、異常が起こっても早期発見しやすく、補修も容易になります。

特に気をつけたいのは、外回りと水回りです。外回りは壁のひび割れや雨どいの割れ・詰まり、水回りでは漏れや異臭があると、家の土台や構造への影響が懸念されるような問題が起こっていることも考えられます。普段から気をつけてチェックしておきたいポイントです。

また、家の中ではフローリングのワックスがけを定期的に行っておくと、美しさも保つことができ、傷みも防ぎやすくなります。

点検・メンテナンス

・外壁……壁紙の再塗装や目地の補修を行うことによって、外観や防水性、断熱性を維持します。軒裏や雨どい、玄関扉やサッシ、ベランダなども合わせて点検すると安心です。

・屋根……使用している資材によって点検が必要な時期は異なりますが、定期的に点検と表面の塗装を行いましょう。

・フローリング……数年ごとに点検し、必要に応じて補修を行いましょう。表面の剥がれが目立ったり、踏んだときのたわみや異音は、張り替え検討のサインになります。

・クロス……汚れや傷が目立つようなら張り替えを検討しましょう。

・キッチン……収納やシンクまわりなどの設備と、食器洗浄機などの機材がありますので、それぞれ必要な手入れを行ってください。

・ユニットバス、給湯器、洗面台、便器……必要に応じて適宜交換しましょう。

・水栓、配管……汚れや劣化、継ぎ目の水漏れなどの有無を点検し、不具合があれば交換します。パッキンなども忘れずにチェックすれば安心です。

・床下のシロアリ対策……数年ごとに点検し、必要に応じて床下薬剤を散布するなど対策を施します。

注文住宅の場合は、こうしたメンテナンスが行ないやすいように点検口やパイプスペースを考えておくと、後々配管や配線の点検、交換がやりやすくなります。建売住宅やマンションなどを選ぶ際にはこうした『点検しやすい設計になっているか?』も重要なチェックポイントです。

【画像2】

防げない天災もあるからこその保険

日頃のメンテナンスで、傷みや経年劣化をケアすることはできますが、そうした努力ではどうにもならないのが天災です。近年は、全国各地で地震や台風などによるさまざまな災害が発生しており、戸建てに住む方にとっては他人事ではありません。

そうしたリスクへの備えとしては、やはり保険への加入は不可欠です。各保険会社が戸建て住宅を対象とした火災保険を用意しており、付帯して地震や水害への保障をサポートするようなタイプの商品もあります。住宅ローンを契約する際に火災保険への加入が必要となるケースが大半ですので、後で困らないように検討しましょう。

まとめ

住宅の寿命は、住みかたによって長くも短くもなります。せっかく購入した住宅ですから、長くつき合えるよう愛着を持ってメンテナンスしたいものです。

「@nifty不動産」では、日本の大手不動産サイトに掲載された物件情報から、希望するエリアやこだわり条件など、あなたにぴったりの物件を検索することができます。最近では長寿命をうたう住宅も登場していますので、興味のある方は調べて検討されるとよいでしょう。物件を一括検索できるアプリもありますので、ぜひ活用してください。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら