【画像1】

簡単には引っ越せないからこそ確認しておきたい周辺環境

通勤・通学している方にとって、アクセスのよさは毎日の生活のしやすさに大きく影響する要素です。行き来する道が安心して通れるところであるというのも重要です。また、周囲にスーパーやコンビニなどの商業施設がなければ、とても不便を感じるでしょう。

このように、周辺環境というのは生活の満足度に大きく影響します。住み心地がよい住居と生活のしやすさが合わさって、初めて「この家に住んでよかった」「安心して住める」と実感できるのです。

戸建ての購入は大きな買い物です。一旦決めたらそう簡単には引っ越すことはできません。また、住宅は住みはじめてから自分たちである程度手を加えることができますが、周辺環境はそうはいきません。

もちろん、環境は常に変わっていくものですし、住んでみないとわからない要素もあります。しかし、後で「こんなはずではなかった」と思うことのないよう、可能な限り念を入れてチェックしておきたいところです。

周辺環境、3つのチェックポイント

チェックする時間帯

昼と夜では人や車の行き来、施設の雰囲気も異なるものです。昼間に見学して「静かでよさそう」と思ったエリアも、夜間は「人通りが少なく、暗くて怖そう」となるかもしれません。

そうしたことを確認するためには、平日と休日、昼間と夜間など、訪れる曜日や時間帯を変えて何度か周辺を歩いてみるといいでしょう。ご自身やご家族が行動することの多い時間帯は特に入念に見ておきたいところです。

また、大きな道路など車の往来が気になるところは、その交通量も確認しておきましょう。車を使うことの多い方には道路の渋滞状況が気になるでしょうし、歩行者の視点からすれば裏道を飛ばす車の多さなどは確認しておきたいポイントです。

チェックする生活スタイル

現在のご家族の生活スタイルを思い返して、もしその物件に住むことになったら電車やバスへのアクセスはどうか、日常の買い物はしやすいか、病院は近いか……といったように、その生活に必要な条件を満たしているかどうかを確認します。

同時に、時の経過につれて変化するご家族のライフスタイルに合った環境であるかどうかも、考えておきたいところです。お子さんがいるご家庭では、幼稚園・保育園の有無や、進学する学校が近くにあるかどうかは、大切なポイントになります。お勤めのご夫婦であれば、リタイヤ後の活動もある程度視野に入れる必要があるかもしれません。

チェックする項目

上記のような点をふまえて、具体的に確認しておきたいポイント例を挙げてみましょう。

・利便性……買い物する場所、病院、公共機関の有無や場所、使い勝手のよさ

・交通環境……利用できる交通機関や最寄り駅・バス停の位置、始発・終電の時間、道路の交通量

・子育て環境……保育施設や学校、塾などの有無と場所、公園の有無と安全性、周辺に同世代のファミリーがいるか

・地域環境……治安、騒音、におい、工場や倉庫、飲食店や娯楽施設などの施設、空き地がある場合の建築計画の有無、自治体の様子、街の雰囲気

【画像2】

スペックが満点でも住みやすいとは限らない

住宅に求める条件は、本当に人それぞれです。住宅のスペックが申し分のない場合や、周辺環境の利便性はとてもいいところであっても、ライフスタイルに合っていなければ、その住宅に不満を感じてしまうことでしょう。

あるいは、近所に大きな公園があって子育てやレジャーによさそうだと思うところでも、会社へのアクセスに不便があれば断念するという方もいるかと思います。

すべての項目が満点であるような住宅は、残念ながらそうはないものです。譲れないポイントは何かをご家族で話し合い、優先順位を決めておくと、スムーズに判断できます。

まとめ

これから始まる夢のマイホーム生活が心地よいものになるように、多少時間と手間をかけてでも、周辺環境についても細かく見ておくと安心できます。いろいろ見ておくことで、地域に愛着もわきますし、物件を決めた後の行動も考えやすくなります。

「@nifty不動産」には、日本全国の物件情報を一括検索できるアプリがあります。希望の地域やこだわり情報などから、あなたにぴったりの物件を検索してみてください。