【画像1】

戸建ては泥棒に狙われている

戸建ての場合、高くても2階建てか3階建ての住居が多く、マンションに比べて侵入が容易である傾向にあります。また、お隣の家との間を隔てる塀がある場合や、庭で植物を育てている場合などは、死角が想像以上に多いものです。

とくに、以下のような家は、泥棒にとっては侵入しやすいと判断され、格好の標的になってしまいます。

  • ・夜間も門灯が点いていない時間がある
  • ・塀や生け垣があり、敷地内の見通しがよくない
  • ・道路との境目に木が植えてあり、目隠しになっている
  • ・塀やバルコニーによって2階へ登りやすく、死角もある

「私は大丈夫だろう」と他人事のように思わず、「狙われているかもしれない」という危機意識を常にもって、万全の防犯対策を行いましょう。

戸建てを購入したら実践したい防犯対策

防犯対策のポイントは、「泥棒にとってリスクが高い家にすること」です。
泥棒がもっとも避けたいことは、逮捕されることでしょう。したがって、明るい場所や人目につく場所は必然的に避けたいと思うはずです。同様に、侵入や盗難に手間取る家は逮捕のリスクが高いと判断されます。
これらを念頭において、代表的な防犯対策をご紹介します。

<設備面>

  • ・泥棒の隠れ場所をつくらない(日中)
     ……高い塀や生け垣、植物などに注意。明るくして見通しをよくする
  • ・泥棒の隠れ場所をつくらない(夜間)
     ……センサーライトを設置する、照明を常夜灯にする、防犯砂利を使う
  • ・侵入に手間取る家にする(玄関)
     ……玄関は「1ドア・2ロック」、鍵の種類もピッキングに強いものに。
  • ・侵入に手間取る家にする(窓)
     ……防犯ガラスや防犯フィルムを使う、補助キーを設置したりと鍵も強固なものに
  • ・監視の目を光らせる
     ……防犯カメラの設置、インターホンはカメラつきに

<日頃の対応編>

  • ・とにかく施錠する
     ……短時間でも2階でも徹底。ごみ出しや家の外の掃除、コンビニへの買い物などでも施錠。窓の施錠も忘れずに
  • ・相手を確かめてから解錠
     ……カメラつきインターホンを使って、来訪者をきちんと確かめる
  • ・人がいるように見せかける
     ……タイマーを活用して照明やテレビを点ける、郵便や新聞をポストにためない
  • ・ポストや植木鉢などに鍵を隠しておかない
  • ・侵入の足場になりそうなものを外に出したままにしない
  • ・車上荒らしの防犯
     ……車庫にはシャッターを設置、車にもカバーや目隠しを

【画像2】

泥棒に油断を見せてはいけない

戸建ての盗難の場合、もっとも多い侵入経路は窓です。とくに小さい窓は、人が入れないだろうと油断して施錠を怠りがちです。また、2階も「2階だから大丈夫だろう」と鍵をせずに、外出してしまうことはままあります。しかし、それでは泥棒の思う壺です。どんな窓でも侵入経路になり得ると考え、施錠はしっかりしましょう。同様に、「ちょっとそこまで」と鍵を開けたまま出かけるのも危険です。

多くの場合、泥棒は作業員や販売員などになりすまして狙う家を訪問し、事前に下見するといわれています。そこで、「侵入が外から見えてしまわないか」「防犯対策の甘い家か」「逃走経路を確保できるか」「留守にしがちか」などをチェックします。

チェックの結果、泥棒しやすそうな家だと判断されれば、実際に侵入されてしまう可能性が高まるわけです。そうならないよう、日頃から防犯意識を高め、泥棒に「ここは侵入できないな」と思わせることが重要なのです。

まとめ

いろいろな対策をご紹介しましたが、もっともおすすめなのが、普段からご近所さんと仲良くしておくことです。ご近所さん同士のネットワークは、あやしい人物への感知能力が鋭く、情報交換もできます。もし、自分の家を狙う泥棒がいても「変な人がいる」と気づいてもらえる可能性も高まるでしょう。

泥棒は、目立たないようにまぎれこみ、隙あらばと財産を狙っています。その心理を把握したうえで、狙えると思われない家づくりが肝心です。

「@nifty不動産」では、家の購入などに関連したさまざまなお役立ち情報を掲載しています。Webサイトだけでなくアプリも提供しており、大手不動産サイトに掲載された日本全国の購入物件から、住みたいエリアやこだわり条件で物件を一括検索することができます。あなたにぴったりの家を見つけて、しっかり対策し、快適な住まいを作り上げていきましょう。