【画像1】

シックハウス症候群とは

「シックハウス症候群」とは、住宅のなにかが原因で生じるさまざまな健康障害の総称で、きっかけも症状も人それぞれです。

家に使われた建材や家具の材質、たばこの煙などから放出された化学物質、家に潜むカビやダニなどによってもたらされる空気の汚れなどより、健康に影響が出るといわれています。しかし、具体的なメカニズムはまだ十分には解明されていません。

最近の家は昔に比べると気密性が上がっており、快適な温度を保ちやすく住み心地が格段によくなっています。それゆえに建材や家具から放出された化学物質がなかなか外に逃げず、家の中の空気を汚してしまいやすい傾向にあります。

また、湿度が保たれているということは、カビやダニにとって過ごしやすい環境であるともいえるため、増殖の一因となってしまうことがあります。

シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群の影響を受けるかどうかは個人差が大きく、同じ環境にいても、体調が悪くなる人もいれば何もないという人もいます。

具体的には、以下のような症状が出ることが多いとされています。

・めまいや吐き気、頭痛がする
・動悸や息切れする、疲れやすい
・じんましんや湿疹が出る
・目がチカチカしたり涙目になる
・鼻水やくしゃみが出たり、鼻の奥がヒリヒリする
・唇やのどが乾燥する、咳が出る
・腰や膝が痛い、手足が冷えたり震える

シックハウス症候群の原因物質

厚生労働省では、実態調査でとくに高い濃度で検出された化学物質について、望ましい室内環境の目安となる化学物質濃度の指針値を定めています。そこで挙げられている代表的な化学物質と主な用途を紹介します。

・ホルムアルデヒド
・アセトアルデヒド
 用途………接着剤、防腐剤

・トルエン
・エチルベンゼン
・テトラデカン
 用途………塗料溶剤、接着剤

・スチレン
 用途………断熱材、プラスチック・ゴム合成原料

・パラジクロロベンゼン
・キシレン
 用途………防虫剤、防臭剤、芳香剤

・フタル酸ジ-n-ブチル
・フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
 用途………可塑剤、接着剤、塗料

・ダイアジノン
・フェノブカルブ
・クロルピリホス
 用途………防蟻剤、殺虫剤

【画像2】

シックハウス症候群の対策

住宅への対策

家の新築やリフォームに使う材木や塗料、壁紙などには化学物質が使用されているものがあります。完成後に、それらが原因で症状が出てしまっても、家の材質を替えるのは容易ではありません。

そこで、シックハウス症候群にならないような構造や建材にしてもらえるよう、設計段階から工務店や建築士の方と十分話し合いましょう。

また、椅子やカーペットなどの家具などにも化学物質を含むものがあります。買おうとする家具から嫌なにおいがしないかどうか、どんな加工がされているかなど、可能な限りチェックすることをおすすめします。

日常生活の改善

湿度が高くなるとカビやダニが発生しやすくなり、アレルギーやシックハウス症候群の原因となる場合があります。一方で、湿度が低すぎると風邪などの体調不良の原因となってしまう場合がありますので、家の中は50%程度の湿度を保つようにしましょう。

また、掃除や洗濯で家の中を清潔にすることを心がけてください。家の汚れがダニの餌になることや、ダニの死骸やフンなどがたまって症状を悪化させることがあるためです。

とくに、床がカーペットの場合はカビやダニの繁殖の懸念があります。どうやって清潔を保つか、どうすれば清掃しやすいかなどは予め気にかけておきたいところです。

シックハウス症候群対策に関する取り組み

こうした状況を受け、近年ではさまざまな化学物質対策がとられるようになりました。

ホルムアルデヒドの等級制度

建材や施工材でホルムアルデヒドを放出するものには「F☆☆」「F☆☆☆☆」などの等級が表されます。
星の数が多いものほどホルムアルデヒドの放出量が少ないということを示しており、星が少ないものは使用量が制限されたり禁止されたりします。

室内環境配慮マーク

家具業界の自主表示制度で、家具などに用いられる材料が一定の条件を満たし、ホルムアルデヒドを使用していないものに「人にやさしい家具」マークが表示されます。

建築基準法

室内で特定の化学物質が発散することで健康への影響が生じないよう、建材や仕上げに使う材料を制限したり、換気設備の設置を義務付けるといった規制が導入されています。

住宅性能表示制度

第三者機関が住宅性能を評価する制度で、建材などからのホルムアルデヒド放出量や、完成時の化学物質濃度の測定結果が表示されます。

おわりに

せっかく手に入れたマイホームで体調を崩してしまうのはとても残念なことです。シックハウス症候群の原因を作り出さないように対策することが重要です。

専門家からのアドバイス

シックハウス症候群が健康に与える影響を検証した研究は、数多く発表されています。
例えば、日本で築6年以内の住宅を対象にした研究で、カビや結露などを認める家は、シックハウス症候群と考えられる症状の発生率が高かったそうです。

日本では、以前に比べてアトピーや喘息などのアレルギー疾患が増えており、シックハウス症候群も原因の1つではないかと考えられています。

シックハウス症候群の予防には、換気、湿度管理、掃除、家の中に置くものの管理などが重要です。換気扇は常に作動させて、時々窓やドアを開けるなどして24時間換気を心がけましょう。家の中に観葉植物やカーペット、ぬいぐるみなどを置かない、洗濯物を外で干すことなどもシックハウス症候群の予防に有効です。
しかし、どうしてもカーペットを敷きたい場合や子どものためのぬいぐるみが必要な場合には、定期的に掃除をするようにしましょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら

監修:

大塚 真紀(おおつか まき)

Profile
東京大学大学院医学系研究科卒。 内科医師として10年勤務。腎臓と透析が専門。現在はアメリカに滞在し主婦をしながら医療系記事ライティングに従事。医師としての記事の監修、医学生用のコンテンツ作成経験有。