【画像1】

敷地を有効活用できる3階建て住宅

一戸建てのマイホームが欲しいという方は今も昔もたくさんいます。しかし、都市部での居住を希望した場合、予算の都合や購入可能な土地の関係で、広い土地を確保するのが難しい傾向にあります。

そこで選択肢に浮上するのが3階建て住宅です。かつては法律の制限から3階建て住宅を建てるのは容易ではありませんでした。ところが、近年は法改正を経てそのハードルはだいぶ下がり、3階建て住宅が増加傾向にあります。

このような背景を持つ3階建て住宅は、道路に面している長さが小さければ小さいほど土地を多くつくることができ安くなりますので、縦に伸びたような細長い敷地になることが多くなります。幅が広くはないので間取りや家具の配置には一般的な2階建てとは異なる工夫が必要です。

ここからは、3階建て住宅のメリットとデメリットを具体的にみていきましょう。

3階建て住宅のメリット

限られた土地でも居住スペースを確保することができる

まずあげられるのが3階に床面積を確保できる分、居住スペースを広げることができます。設計次第では、広い部屋や吹き抜けなどをつくることも可能です。

住宅を建てる場合、耐震性の関係から、揺れに強くするための壁を作る必要があることから狭い部屋ができてしまうこともあります。

しかし、最近では壁を極力減らしつつ高い耐震性を保つ技術がどんどん生まれてきました。これらを利用すると、より広い部屋にすることができるでしょう。

駅や商業施設の近くに家を持ちやすくなる

駅や商業施設の近くは利便性がよく、土地の価格もほとんどの場合、高く設定されています。そうなると、広い土地を入手するのは簡単ではありません。しかし、コンパクトな土地を活用する3階建て住宅であれば、便利な立地と住みやすい家を両立することも夢ではありません。

3階建て住宅を建てられるかどうかは地域ごとに法律の定めがあります。閑静な住宅街などの場合は建築物の高さが規制されている「低層地域」であることが多く、3階建て住宅の建築が許されないことがあります。

一方、駅や商業施設の近くは、建築物の高さに関する規制も比較的緩やかな傾向にあり、3階建て住宅を建築しやすくなっています。

周辺環境や天気、気候に左右されるものではありますが、比較的、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができる傾向にあります。

【画像2】

3階建て住宅のデメリット

上下の移動が多くなり、シニア世代には負担も

3階建て住宅の場合、居住スペースを上に伸ばしているのでどうしても上下の移動が多くなります。間取りの工夫などである程度カバーすることはできますが、まったく移動しないというわけにはいかないでしょう。

若いころには大したことはないと思っていても、年齢を重ねていくとその移動が億劫になることも考えられます。もし車いすや介護用具を使うようなことになった場合、移動できる範囲が大幅に限られることになります。

階段の移動から事故につながる危険も

床面積を有効活用するために、階段の幅は狭く、角度も急なものになりがちです。その階段を使っての移動は、負担が高まるのと同時に、踏み外して落ちてしまうといった事故の危険性も増えてしまうことになります。

これもやはり、年齢を重ねていくごとにそのリスクが高まるといえます。手すりや滑り止めの利用など、安全な階段移動を助ける手立てももちろんありますが、いずれにおいても、このような懸念があることは頭に置いておくべきでしょう。

専門家からのアドバイス

3階建ての戸建ては利便性が高く、かつ土地価格が高いエリアが適しています。利便性を重視しつつ、マンションで味わえない垂直に広がる空間を楽しみたい方には打って付けです。
ただしその反面、商業地、工業地、中高層住居地域など建て混んでいたり、周辺の建物が高かったりと日照や通風が十分に得られない住環境に建てざるを得ません。2階建ての戸建てがあるような住環境は望みにくいため、その点は留意して考えていきましょう。

おわりに

技術の進歩に支えられ、小さな土地を有効に活用するための方法がどんどん増えてきました。敷地を最大限に生かして、快適な住まいを作ることができるのが3階建て住宅の最大の魅力といえます。

「@nifty不動産」では、日本の大手不動産サイトに掲載されている全国の物件情報をさまざまな条件で一括検索できるアプリを提供しています。希望の地域やこだわりの条件などから、土地を有効活用できる物件を探すのに活用してください。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら

監修:

畑中 学(はたなか おさむ)

Profile
不動産コンサルタント・武蔵野不動産相談室株式会社 代表 1974年東京都生まれ。設計事務所にて一戸建てや公団分譲地を手掛けた後、不動産会社へ移り最年少で店長になる等、7年間にわたり不動産の販売・企画・仲介を責任者として携わる。2008年に創業。家に関する相談を約800組受け、お金の面から多くの方に満足のいく家づくりと家の買い方をサポートしている。 「不動産の基本を学ぶ(かんき出版)」「不動産の落とし穴にハマるな(同)」「マンション・戸建 中古の選び方(日経ビジネス)」「お金持ち入門(実業之日本社 不動産編)」など著書は多数。