【画像1】

価格は魅力だが不安も残る中古住宅

きれいで設備も充実した新築一戸建ては高額になりがちで、予算によってはなかなか手が届かないこともあるでしょう。一方で、中古住宅であれば、同じ一戸建てでも選択肢は豊富になります。

しかし、中古住宅の場合、大きな損傷などがないか、これからも安心して住み続けられる家なのかといったところに気を配らなければなりません。とはいえ、外観や内装などを見ても、専門家ではない私たちには、それだけでは安心して住み続けられるか分かりませんので、いつまでも不安がつきまといます。

そうした不安を払拭するためにおすすめしたいのが、「住宅診断(ホーム・インスペクション)」です。購入前に住宅がどんな状態か、劣化や欠陥がないかどうか、どのぐらい手をいれる必要があるかといったことを、専門家による客観的な視点でチェックしてくれるサービスとなっており、今注目を集めています。

この住宅診断はさまざまな会社が提供しており、チェック内容や料金もさまざまです。屋根や外壁などの外観から、室内をはじめ屋根裏や床下などの内側まで、目視によって劣化状態を確認するところもあります。

住宅診断とは別に専門の資格が持った方が見る耐震診断を行う会社もあります。耐震診断は耐震性が現行の法律の基準を満たしているかどうかを見るもので、現地調査だけではなく設計図書などでの確認を行います。住宅診断会社でも中には耐震診断を行うところもありますので、ニーズに合わせて利用することができます。

3つの耐震診断の違い

木造住宅における耐震診断は、日本建築防災協会が定めた「木造住宅の耐震診断と補強方法」が用いられているのが一般的です。それによると、耐震診断には「誰でもできるわが家の耐震診断」「一般診断法」「精密診断法」の3つがあります。

誰でもできるわが家の耐震診断

住宅の持ち主や購入しようとする人自身が、その住宅の耐震性能を簡易的にチェックできる診断方法です。自分でおこなうことで耐震性能に対する理解を深めることもできます。日本建築防災協会のWebサイトに情報がありますので、まずはこちらをおすすめします。

一般診断法

建築士などの建築関係者がおこなう診断です。住宅に出向いて代表的な箇所の状態を確認しますが、基本的に外装や内装を剥がしたりすることはありませんが、専門的な知識を用いて住宅全体の耐震性能が診断され、補強工事などの改修が必要かどうかを判断します。

精密診断法

耐震性能に問題があり補強工事などの改修が必要だと思われる住宅について、さらに詳しく調査して具体的な改修の必要性を診断するものです。この診断も高度な知識を有する建築の専門家がおこないます。この調査では、住宅に使われている材質などをより詳しく確認する必要があるため、家の一部を剥がして内側を調査することがあります。

【画像2】

戸建て購入前の耐震診断の必要性

住宅は大きな買い物ですから、できればすみからすみまで診断を受けておきたいところですが、予算の都合で多くの診断を受けられないことも考えられます。しかし、築年数が古ければ最低限受けておきたいのが、住宅の耐震性能を診断する「耐震診断」です。

住宅に必要とされる耐震性能の基準は時期によって異なり、昔の住宅には近年ほどの耐震性能は求められていませんでした。そうした時代の住宅の場合、そもそもの耐震性能が低い可能性があるのです。また、経年や気候、地震などによって家の劣化がすすんでいればさらに耐震性能が下がっていると考えられるため、大きな地震によって倒壊してしまうという懸念もあります。

そこで、耐震性能がわかれば別の物件を探すこともできますし、補強工事をおこなうなどして長持ちするようにしておくこともできます。そうした対策をとるためにも、まずは診断を受けて、住宅の現状を知ることが必要なのです。

おわりに

過去に起きた地震のデータをみてみると、家屋の倒壊によって多くの被害が出ています。一方で、いつ大きな地震が起きても不思議はない状況です。せっかく住宅を購入するからには、きちんとした耐震性能を備えた家で安心して住みたいものですよね。可能であれば、住宅診断を活用して、住宅を総合的に調査するといいでしょう。

専門家からのアドバイス

築年数が古いか、メンテナンスをされていない住宅は見た目とは別に構造等、安全に住めるかの基準において様々な問題を抱えていることがあります。
そこに欠かせないのが耐震診断となります。現行の法律の基準を満たす耐震性があるのか、ないのか。ないのであればどのような耐震リフォームを行えば良いのか指針を明示してくれます。
また、長く住むという観点なら住宅診断となります。雨漏りやシロ蟻がいる可能性、外壁などの劣化状況を確認してくれます。
必要経費だと考えて診断されることをお薦めいたします。

「@nifty不動産」では、日本有数の不動産サイトに掲載されている物件情報を一括検索することが可能です。Webサイトに加えて、アプリからでもエリアやこだわりなどのいろいろな条件を指定することで、適した物件を簡単に検索することができます。いろいろな物件情報をみて感覚を養っていきましょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら

監修:

畑中 学(はたなか おさむ)

Profile
不動産コンサルタント・武蔵野不動産相談室株式会社 代表 1974年東京都生まれ。設計事務所にて一戸建てや公団分譲地を手掛けた後、不動産会社へ移り最年少で店長になる等、7年間にわたり不動産の販売・企画・仲介を責任者として携わる。2008年に創業。家に関する相談を約800組受け、お金の面から多くの方に満足のいく家づくりと家の買い方をサポートしている。 「不動産の基本を学ぶ(かんき出版)」「不動産の落とし穴にハマるな(同)」「マンション・戸建 中古の選び方(日経ビジネス)」「お金持ち入門(実業之日本社 不動産編)」など著書は多数。