【画像1】

中古マンションは価格が安くても修繕費が高くつくことも

中古マンションは新築マンションに比べて、購入費用を安く抑えることができます。また、同じような価格でも立地や広さなどの面で、よりよい条件の物件を視野に入れることができます。多少傷んでいたり気になるところがあっても、浮いたお金でリフォームやリノベーションをおこなうことで理想の住まいをつくり上げることも可能です。

とはいえ、中古はあくまで中古であることを忘れてはいけません。物件によっては、よく見ないと見逃してしまうような経年劣化などからくる“欠陥”が存在することを心に留めておきましょう。あまりに傷みが激しいと修繕費が高額になってしまい、結果的に新築マンションの購入価格とあまり変わらなくなってしまうこともあります。

そのようなことにならないよう、中古マンションならではのチェックポイントを理解しておき、購入前にきちんと確認することが大切です。

中古マンションのチェックポイント

耐震性

耐震性をチェックするには、建てられた年や住宅の状態を見ていきましょう。住宅本体だけでなく、地盤の状況も確認しておきたいところです。

建築年でいえば、耐震基準が大きく変わった「1981年」「2000年」以降に建てられた住宅かどうかがひとつのポイントになります。これ以前に建てられた物件は変更前の旧耐震基準であると考えてください。

老朽化が耐震性に影響していることも考えられますので、築年数は必ずチェックしましょう。

カビ・結露

住宅の構造や換気状態などによっては湿気がこもりやすく、カビや結露が生じやすくなってしまいます。カビは健康被害につながりますし、結露も住宅を傷めます。

水回りを中心に、壁面や収納などにカビが生じていないか、結露の形跡がないか、カビくさくないかといったことを確認しておきましょう。特に赤ちゃんや高齢者がいるご家族の場合は念入りにチェックしましょう。

外壁の劣化

ひび割れは経年劣化や地震の影響を受けることでできてしまうことがあり、ひびの有無だけでなくその種類が大きなポイントです。少し離れたところからでも気になるような幅の広いひびや長いひびが入っていたら要注意です。補修工事はおこなわれるのか、それはいつごろなのかなど、確認することが大切です。

屋上の状態

部屋や外壁の状態確認はある意味では必須の確認事項であり、見落とすことが少ないポイントといえます。一方で、屋上は見落としやすく、確認を怠ってしまいやすいポイントなので、注意しなければなりません。

とくに希望の部屋の階数が最上階だった場合、必ずチェックしたいポイントです。定期的にメンテナンスがおこなわれているか、防水工事に関してはどうか、貯水槽があるときはその状態はどうなっているかを確かめましょう。

【画像2】

中古マンションを購入するときは事前のチェックが明暗を分ける

中古マンションの場合は、多かれ少なかれ劣化があります。設備や見た目はリフォームでカバーすることができますが、基礎部分の劣化はわかりづらい反面、住宅としての性能に大きく影響します。これまで定期的な点検やメンテナンスが施されてきたかどうかということは忘れずに確認しておきたいところです。

いろいろなチェックポイントをご紹介しましたが、肝となるのは「建物の状態を正しく見極めること」だと思ってください。現状をきちんと把握できればそこから起こり得るリスクも把握できますし、そのメンテナンスにどれほどの費用がかかるかといった見積もりも不足なくおこなえるようになります。

おわりに

中古マンションの購入は、住宅価格とリフォーム・メンテナンス費用もセットで考えたほうがいいでしょう。住宅価格の安さのみに惑わされることなく、必要と思われるメンテナンスも見積もったうえで資金計画を立てる必要があります。

もし中古マンションをお探しでしたら、@nifty不動産の中古マンション検索をご利用ください。日本有数の不動産サイトの情報からさまざまな条件で一括検索することができます。

「@nifty不動産」は、Webサイトに加えてスマートフォンアプリもご用意しており、いつでも手軽に物件検索ができます。ぜひご活用いただき、マンション選びにお役立てください。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら