【画像1】

宅配ボックスとは

「宅配ボックス」とは、宅配便で送られた荷物を一時保管するロッカー型の共用設備です。宅配ロッカーと呼ばれることもあります。マンションに宅配ボックスがあれば、届け先が不在でも宅配ボックスに荷物を入れて配達とすることができ、受け取る人は帰宅後に直接宅配ボックスから受け取ることが可能です。

宅配ボックスはほとんどの場合、マンションなどの共用スペースに設置されています。オートロック式のマンションでは、オートロックの外側のエントランスに置かれており、宅配会社の方がアクセスできるようになっていることが多いです。

宅配ボックスはさまざまな大きさのものがあり、1つのボックスに複数のロッカー型の箱が設けられています。スペースの大きさは大・中・小のようにバリエーションがあるものが多く、大きい箱ではゴルフバッグが入るようなサイズのものもあり、あらゆる荷物が想定された作りが特徴です。

宅配ボックスの仕組み

宅配ボックスには、大きく分けて2種類あります。配達の都度暗証番号を設定して解錠する「機械式(ダイヤル式)」と、部屋ごとの固定の解錠キーやカードキーなどで開ける「電気式」です。

機械式(ダイヤル式)の場合、宅配会社の配達員が宅配ボックスに荷物を入れ、その場で暗証番号を設定します。入れた箱の番号と暗証番号を不在票に記載して届け先のポストに投函すると、受け取る人はそれを見て解錠し、荷物を受け取るというわけです。

電気式は、マンションの部屋ごとにあらかじめ固定の暗証番号やカードキーが配布されており、配達の都度暗証番号を設定する必要はありません。宅配会社は機械の指示にしたがって届け先の部屋番号を打ち込んで荷物を入れ、その旨を不在票などで届け先に伝えて、受け取る人は持っている解錠キーでボックスを開けば荷物を受け取ることができます。

宅配ボックスはとても便利ですが、冷蔵便で送られるような荷物や、現金・重要書類などの宅配などに使うことはできません。あくまで一時保管用の設備です。この点は留意してください。

【画像2】

宅配ボックスのメリット

宅配ボックスのメリットは、何といっても不在時でも荷物を受け取ることができることです。便利な通販も、不在がちで宅配会社とのすれちがいが続けば、荷物を受け取ることができません。

宅配の受け取りを予定していても、急な用事などでその時間に帰れなくなることもあります。マンションに宅配ボックスが設置されていれば、宅配会社にも迷惑をかけず、受け取ることができるのです。

加えて、防犯面でも役に立つというメリットもあります。女性の1人暮らしの場合、夜間などは玄関を開ける機会は極力減らしたいものです。部屋のインターホンにモニターがない場合はなおのこと、宅配を装う犯罪の懸念に気を配ることもあるでしょう。

そんな時に、人を玄関に通すことなく荷物を受け取れる宅配ロッカーは、心強い味方となります。本来は不在時の一時保管が目的である宅配ボックスですが、すぐに荷物を取り出して迷惑をかけないようにすれば、防犯対策にも一役買うことでしょう。

運送会社の深刻な人手不足解消にも効果的

インターネット通販の普及にともなって、宅配で扱われる荷物の数は非常に増えています。さらに、宅配の時間帯指定や再配達などの便利なサービスが活用されることで、宅配会社の配達現場は過酷な労働状況になっているのです。

宅配ボックスがあれば再配達を減らすことができ、現場で働く配達担当者の過重労働や人手不足などの問題に効果が期待できます。同時に、再配達を繰り返すことによる二酸化炭素の排出量やガソリンの使用量の増加も抑えることができ、省エネにもつながるのです。

最近では、マンションなどの住宅だけでなく駅や商業施設への宅配ボックスの設置が進んでおり、受け取る人の利便性を損なわずに再配達を減らすことができる環境整備が進んでいます。

おわりに

1人暮らしや共働き家庭の増加で在宅時間が少ない家庭も増えるなか、人にも環境にもやさしい宅配ボックスの設置は歓迎すべき環境整備といえます。

「@nifty不動産」では、日本全国の物件情報を一括検索することができます。こだわり条件を指定すれば、宅配ボックス付きの物件を探すこともできます。Webサイトに加えてスマートフォンアプリからも簡単に検索できますので、ぜひ活用して、こうした便利な物件を見つけてください。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら