【画像1】

リフォームローンで気軽に自宅をリフォームする

家の老朽化に伴って行うメンテナンスリフォームは、10年に1回が目安だといわれています。
メンテナンスを行わずに放置し続けると、老朽化が目に見えてわかるようになってきたり、腐食が進んで危険な状態になる可能性もあります。

どうしてもリフォームが必要なのに費用を準備できない場合には、リフォームローンを利用してみましょう。

リフォームのために借りられるお金は50万円~500万円ほどで、住宅ローンに比べると審査が早いことが多いです。資金を受け取るまでの期間が短いので、急いでリフォームしたい部分がある場合にも便利に利用できるでしょう。

金融機関によってさまざまなリフォームローンのプランがあるので、いくつか比較して最適なものを選びましょう。

インターネットで手続きできるリフォームローンがある

リフォームローンの中には、わざわざ金融機関の窓口まで行かなくても、インターネットで手続きできるものがあります。仕事や家事が忙しくてなかなか出掛けられない人は、そのようなリフォームローンを上手く活用してみましょう。

「MR.リフォームローン」や「イオン銀行リフォームローン」なら、来店不要で、インターネットからリフォームローンの手続きができます。
初めてローンを組む人のために、安心できるサポートが付いている金融機関もあります。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら