【画像1】

中古住宅や築年数がたってくると気になる汚れ

人が生活していると毎日きちんと掃除や手入れをしていてもどうしても取れない汚れ、変色などが出てきます。

【画像1】

素材自体の経年劣化などもあるので、どんなに頑張っても掃除では綺麗に出来ない場合があります。そんなときは思い切ってリフォームしてしまうのも手です。

失敗しないリフォーム会社選びLIXIL(リクシル)のリフォームコンタクト

【画像1】

10年たつと大きく変わる住宅設備

キッチンやバスユニット、トイレ、洗面化粧台など住宅設備は、メーカー側で概ね7年くらいで大きなモデルチェンジがあり、その都度デザインや使い勝手などが進化します。

【画像1】

ですので今のキッチンが10年程度経過していると最新のモノと比較すると、ずいぶん変わっているのでびっくりします。毎日使うキッチンやお風呂ですから新しいものにすると気分を含め生活がぐっと向上しますよ。

【画像1】

水まわりを替えれば大きく変わる

上記のキッチン、お風呂などの水まわり部分ですが、物件を売却する場合に購入者が物件内覧する場合一番気にする部分で、ここさえ綺麗であれば物件が売れやすいポイントとも言え、中古物件を買い取って再販売する会社はここをリフォームするケースが多いようです。

リフォームの費用を抑えるポイント

キッチンやお風呂などの水まわりのリフォームには給水、排水の工事などを伴うため、それぞれ100万程度の費用がかかってしまいます。なんとかお得に済ませたいものです。

3社以上に見積もり依頼を

リフォーム工事はあなたの家の状況に応じた状況見積もりなので、同じ要望を伝えてもリフォーム会社によって出てくる見積もりが異なります。なるべく複数の会社に見積もりを依頼して比較検討すべきです。1つの会社から出てきた見積もりでは見えない差が見えます、3社以上の見積もりをとるよう心がけましょう。

失敗しないリフォーム会社選びLIXIL(リクシル)のリフォームコンタクト

見積もりを依頼する際には要望と希望の予算も伝えるようにしましょう。見積もりが各社から出てくると、総額だけでなく、明細を見て設備や材料の違いなど内容を確認して比べることが大切です。

また、3社から見積もりを取る場合A社、B社、C社の3社からの見積もりのいいとこ取り交渉もありです。たとえばA社とB社が同じ設備の見積もりを出してきた場合、設備の本体費用はA社が安くて取り付け工事はB社が安い場合などそれぞれに交渉してなるべくお得にいい条件を引き出しましょう。

地域のリフォーム会社を探すには以下のサービスが便利です。

失敗しないリフォーム会社選びLIXIL(リクシル)のリフォームコンタクト

今借りている住宅ローンの借り換えでリフォーム資金の捻出

これは低金利の今だからこそ使える場合があるテクニックなのですが、もしあなたが今返済している住宅ローンの金利が今の金利より高い場合、住宅ローンの借り換えで月額の支払額が下がるケースがあります。

大手金融機関を徹底比較! 住宅ローンおすすめランキング

例えば現在の住宅ローンの残額が2500万円で残りの期間が20年の場合で金利が1.5%で借り換えするローンの金利が1%と0.5%金利が下がる場合のケースで、借り換えにかかる手数料差し引いて総額で約60万円ほど支払い総額が下がります。わずか0.5%でもこれだけの差が生まれますので金利差が大きいほどこの差額は大きくなります。ぜひ今の借り入れ金利を確認して差額を算出してみましょう。

住宅ローンの借り換えシミュレーションは下記でご確認可能です、同時にネットで簡単に借り換えの事前審査や申し込みが出来ます。もちろんこれから新規に住宅ローンを検討している方も最新のランキングで探せます

大手金融機関を徹底比較! 住宅ローンおすすめランキング

まとめ

【画像1】

これから始まる夢のマイホーム生活が心地よいものになるように、多少時間と手間をかけてでも、リフォームについても細かく比較しより良い条件で素敵な暮らしを実現してください。

「@nifty不動産」には、日本全国の物件情報を一括検索できるアプリがあります。希望の地域やこだわり情報などから、あなたにぴったりの物件を検索してみてください。