【画像1】

賃貸と購入はどちらがお得?

賃貸と購入とでは、費用面で見てみるとどちらがお得なのでしょうか。できるだけお金をかけたくないと考える人は多いはずなので、よりお得なほうを選びたいのではないでしょうか。実は、賃貸と購入では費用面に大差がありません。

どのような物件を選ぶか、同じ賃貸物件に何年住み続けるかで金額は違ってきますが、とりあえずかかる費用でいえば、賃貸物件だと敷金・礼金や共益費がかかりますし、マンションを購入した場合でも管理費・修繕積立金などが発生します。したがって、賃貸と購入のどちらがお得かという点で考えてみると、それほど大きな差はないようです。

賃貸が購入よりも優れているポイント

賃貸物件の場合、とにかく自由度が高いのが特徴です。今の自分の生活スタイルに合わせた間取りを選べますし、結婚・出産・育児などのあらゆる事柄に合わせていつでも引っ越しが可能です。ほかにも、転勤が多い人は、自由度を求めて賃貸を選んでいるようです。

物件周辺の環境は、実際に暮らしてみないとわからないことが多くあります。住んでみて居心地がわるいと感じたり、近隣トラブル・物件の老朽化・治安の良し悪しが気になったとしても、引っ越しをすればすべて解決してしまいます。購入の場合にはすぐに引っ越しができないので、トラブルを抱えながらも我慢して生活することになってしまいがちです。

また、賃貸物件では住宅ローンの返済に追われることがありません。そのため、精神的にも気楽に生活していけます。地震などの災害によって自分の資産が失われてしまう心配がないですし、地価の変動で資産価値に変化が及ぶこともありません。大きな不安を抱えずに生活できるので、賃貸のほうが気楽で良いという人も多いでしょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら