【画像1】

希望に合った条件の賃貸物件を見つけよう

引っ越しで重要なのは、希望に合った条件の賃貸物件を見つけられるかどうかです。これから何年、場合によっては何十年も暮らしていく物件になりますので、妥協せずに物件を選びたいですね。不動産会社に問い合わせると、まずは来社するように言われるでしょう。

不動産会社に行けば、資料を見ながら賃貸物件を紹介してもらえます。住みたい地域・間取り・環境などの細かい希望を伝えて、自分の希望に合う物件を紹介してもらいましょう。めぼしい物件を見つけたら、実際に物件を見に行きましょう。部屋の中だけでなく、建物全体の雰囲気や周辺の環境など、チェックしておきたいポイントはたくさんあります。

住み始めてから物件選びに失敗しないためにも、しっかりと自分の目でチェックしておくことが大切です。

引っ越しのための手続きを進めよう

住みたい物件が決まったら、さっそく引っ越しの手続きを始めましょう。その物件に住むための契約書を読み、必要事項を記入していけば契約が完了です。契約書にはたくさんの注意事項や説明が書いてあり、少し難しいと感じてしまうかもしれません。しかし、とても大切なことが書かれています。少しでもわからないと感じた部分は、遠慮せずに不動産会社に確認を取りましょう。入居してからトラブルになってしまっては大変です。

また、引っ越しをするためには荷物を運んでもらう手配もしなければなりません。不動産会社で手配をしてもらえることもありますが、そうでない場合には自分で引っ越し会社に連絡しましょう。段ボールなどの資材を用意してくれる業者もあるので、初めてでもスムーズに引っ越し準備を進められそうですね。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら