【画像1】

カップルにおすすめの間取り

仲の良いカップルで同棲を始めるときには、寝室がひとつでも大丈夫だと思ってしまうかもしれません。何事もなく生活ができれば問題はないのですが、お互いの生活リズムがぴたりと合うとは限りませんし、ときには喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。お互いがひとりになれる時間を大切にすることが、仲違いをせずに暮らしていくポイントです。

そのため、おすすめの間取りは「2DK」です。多くのカップルが2DKの賃貸物件で上手く生活しており、そのまま結婚しているケースも多いです。喧嘩をしたときにひとりになれる・生活リズムに違いがあってもしっかり睡眠を取れる・収納する場所が多いなど、部屋を分けることでさまざまなメリットがあります。

ひとりの時間を大切にすることで、常にお互いの大切さを感じながら生活できるでしょう。また、LDKよりもDKのほうが家賃がお得な物件が多いようです。費用の面にも注目しながら、賃貸物件を選んでいきましょう。

初めての同棲なら1DKもおすすめ

初めての同棲の場合、初期費用をあまりかけないために1DKの賃貸物件を選んでみても良いかもしれません。ひとりの時間を作ることは難しいかもしれませんが、生活リズムが違い過ぎなければ問題なく生活できるでしょう。長く付き合っていけると思ったら、2DKに引っ越して長く住めば良いでしょう。実際に同じ部屋でパートナーと暮らしてみることで、自分たちにぴったりの暮らし方を見つけられます。

しかも1DKの賃貸物件であれば、比較的リーズナブルな家賃で住めます。駅から近い物件や交通アクセスが良い物件が見つかるかもしれません。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら