【画像1】

お盆休みに部屋探しするときに気をつけること

忙しい毎日を過ごしやっと夏休みにゆっくり物件見に行こうと思っていてもお盆休みは休んでいる不動産会社も多く、やっと見つけた不動産会社も、紹介してくれる物件が少なかったり、空いていても申し込みや内覧できないなんてことがおこります。

【画像1】

不動産会社は紹介してくれるすべての物件を直接管理しているわけでは無く、別の不動産会社の管理物件を紹介してくれるケースが多いのです。管理をしている不動産会社がお休みだと物件内覧を頼めなかったり、空室か確認が取れなったりします。

せっかくのお休みに無駄な時間を過ごさないように、うまくやる”コツ”をご紹介します。

【画像1】

夏休みが決まったら早めに不動産会社に問い合わせしよう!

あらかじめ内覧にいける日が決まっていて、それが11日(祝)以降のお盆休みになりそうな人は先にその旨連絡しておくといいでしょう。

連絡をもらっていると不動産会社は、その日でも内覧できるように鍵の手配などの準備ができます。でも、連絡がなく突然来たお客様にはそのような対応が出来ないので、また改めて来て下さいという案内しか出来なくなります。

早めのアポイントが大事なんですね。いま探している方は今週か来週の早いうちに物件が空いているか?物件案内や来店の予約をいれておくといいでしょう。

【画像1】

その他この時期の部屋探しのチェックポイント

暑い時期ですがいまこそ、夏場に過ごしやすい物件かを確認するいい時期です。今なら引越し費用も安い時期なのでいい物件があったら、早めに引っ越してこの夏は新しいお部屋で暮らすって言うのもアリですよ!ぜひ物件を見に行きませんか? 

あわせて夏に快適な部屋探しのポイントについては→夏のお部屋探しは今が狙い目って なぜ?にまとめてますのでこちらもご覧下さい。

「@nifty不動産」には、日本の大手不動産サイトに掲載された購入物件から、好きな条件で物件を一括検索できるスマートフォンアプリがあります。いろいろな物件情報を調べながら、実際に住むことをイメージしてみるとよいでしょう。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら