ベランダの意味とは?

物件を探している時、部屋の間取りや交通アクセスなどをまずチェックしますよね。
もちろん陽当たりのチェックも怠らないけど、意外とみんな「ベランダ」については詳しく知らないのではないでしょうか。

「ベランダって、物干し目的以外でどんな使い方があるの?」
「ベランダとバルコニーとテラスって、何が違うの?」
「せっかくのスペースだからベランダを上手に活用したい」

と思う人もいるのでは?

ベランダは少し手を加えるだけで癒し空間になったり、部屋全体をおしゃれで明るくしてくれたりという役割も担っています。

そこで、今回はニフティ不動産編集部が…

・ベランダ・バルコニー・テラスの違い
・ベランダでの禁止事項
・おしゃれなベランダ活用術

を徹底解説していきます。



ベランダの意味とは?バルコニーやテラスとの違いは?

ベランダとは?

ベランダとは、洋風家屋やマンションの戸外に張り出した屋根付きの縁(空間)を意味し、いくつか種類があります。

・上のフロアやベランダが屋根の代わりになっているもの
・特別に屋根が付いているもの
・屋根やガラス窓で覆われているもの

分かりやすく言うと、ベランダは種類やマンションの階数に関係なく、雨よけとなる屋根が必ずついているのが特徴です。 ちなみに、日本家屋では、ベランダは「縁側(えんがわ)」にあたります。

屋根があるので少々の雨ならば濡れずに洗濯物を干す事が出来るので便利です。一軒家のベランダをサンルームにリフォームして天候を気にせず洗濯物を干す空間にするのもいいですね。

最近は、ベランダに置ける簡易的な温室があり、こだわりのガーデニング空間にする方も増えています。リビングや居室の延長空間として部屋を広く見せる活用も出来るので後ほどご紹介いたします。

バルコニーとは?

バルコニーとは?

バルコニーとは洋風家屋やマンションの戸外に張り出した、屋根が付いていない縁(空間)を指します。 ベランダとの違いを簡単に言うと、屋根があるか・ないかです。
腰壁の上に手すりが設置されていることが多く、陽当たりはベランダよりも良いです。

カフェなどでよく見かけるオーニング(折り畳み式の布製の屋根)が予め設置されていても、これはあくまで「簡易屋根」にあたるのでバルコニーになります。
ちなみに、マンションの上層階などにある、下のフロアの屋根を利用した広い屋外空間を「ルーフバルコニー」と呼びます。

テラスとは?

テラスとは?

テラスとは建物の1階部分にある屋根がついていない屋外空間で、ウッドデッキやタイルなどで人工的に地面よりも一段高くなっているのが特徴です。
オープンカフェなどのイメージですね!

1階でも屋根が付いていればその部分は「ベランダ」や「縁側」になりますが、庭ではなく人工の屋根なしの空間であればテラスと呼んで大丈夫です。
また、ハリウッド映画でよくおじいさんが寛いでいる、玄関先のウッドデッキは「ポーチ」になります。どんなに広い屋根なしの屋外空間でも、玄関横にある空間はテラスとは呼びません。

ベランダ・バルコニー・テラスは、面積容積率や延べ床面積に算入される?

「ベランダ・バルコニー・テラスは建ぺい率に関わる面積容積率や延べ床面積に算入されるのか?」というのは、お家を建てるみなさんの中には気になる方もいるのではないでしょうか。
ベランダやバルコニーやテラスが延べ床面積に含まれるかどうかは、形状によって異なります。
高い開放性があるベランダで、基本的に建物から1m以内であれば容積率や延べ床面積に算入されません。
ただし、以下のケースの場合は容積率に算入されることもあります。

・建物から1mを超えて屋外に出ている
・専用の柱などが建てられている
・3方が壁で囲まれている

マンションのベランダは共用部分!活用前に知っておきたい禁止事項

マンションのベランダは共用部分!

マンションのベランダやバルコニーは、洗濯機設置用の水回りに設計されていたり、物干し竿用のフックがあったりするので、自分たちだけが使える「専有部分」と思いがちですよね。
でも、マンションのベランダなどは、あくまで「専用使用権を認められた共用部分」になります。
というのも、マンションなどのベランダは火災時などの非常事態に、避難通路になることが想定されているからなんです。
だからこそ、マンションのベランダやバルコニーは、以下のような設備や設計になっています。

・火災用の避難はしごが設置されている
・非常階段に通じる脱出口がある
・隣の部屋との境が壁ではなく蹴破り戸になっている

共用部分であるベランダやバルコニーの使用については、消防法やマンション管理細則モデルなどで細かくルールが定められています。

■バルコニー等の適切な管理について
バルコニー等の専用使用権者は、バルコニーの価値及び機能の維持増進を図るため、その責任と負担に置いて次の各号に掲げるバルコニー等の適切な管理を行わなければならない
 1:保守維持
 2:経常益な補修
 3:清掃、消毒およびごみ処理
 4:その他バルコニーなどの通常の使用に伴う管理

出典:「マンション管理の基礎知識」公益財団法人マンション管理センター

※バルコニー等と記載されていますが、ベランダもテラスも同様の扱いです

「じゃあ、ベランダでは具体的に何をしたらいけないの?」って疑問があると思うので、一般的な禁止事項を今から解説していきます。
※マンションによっても規約が異なるので、必ず詳細を確認しください

ベランダなどで、やってはいけない禁止事項

・レンガやコンクリートや大量の土を使った、花壇の設置や造形
・木や大型の観葉植物や収納など、通路を妨げる物の設置や放置
・フェンスやサンルームや小屋など、許可のない改修や改造
・ごみの焼却やバーベキューや燻製など、引火や発火の可能性があること
・大量の散水や騒音、振動や悪臭を発生させる
・テレビ用アンテナや無線アンテナ、音響機器や照明機器の設置

常識の範囲内という項目もありますが、大型の観葉植物や花壇の設置などは意外と見落としがちですよね。喫煙を頻繁にして、ポストに注意文を投函されたという事例もあります。

犬などのペットの糞尿や・ごみの放置などは近隣トラブルに発展しやすいし、こまめに掃除もしないとゴミが配水管が詰まって隣のベランダに水が浸入することも考えられます。
タワーマンションやデザイナーズマンションでは、洗濯物や布団を干すことも禁止されている場合があります。
ガーデニングやウッドデッキの設置の影響で、虫が発生することも考えるので対策はぬかりなく!

全く悪気がなくても、間違えたベランダの使い方をして、近所付き合いに大きく影響することもあるので注意してくださいね。

ベランダなどに置いても大丈夫なもの

・小型の植木鉢や物干し竿の設置
・エアコンの室外機やBSアンテナの安全な設置
・小さめのテーブルや椅子の設置
・即時に撤去が可能な、人工芝やウッドデッキ

基本的に、以下の条件をクリアしている物であれば、ベランダに設置しても大丈夫です。

・緊急事態に通路の妨げにならないもの
・すぐに撤去ができるもの

ただ、小さな植木鉢でも数が多すぎると通路の妨げになるし、落下の可能性を考えて手すりやフェンスの内側に設置しないといけません。
今流行のDIYで、小さいウッドパネルの板やすのこを足場に設置するのは良いですが、簡単に取り外せるように工夫をしておきましょう。
また、物干し台に通すだけで雨除けができるベランダカーテンを使う方も増えてきています。ベランダカーテンは、空気を通す素材でできているものを選べば、風通しも抜群。ベランダを目隠ししながら、洗濯物も乾くので、より便利にベランダを活用できます。物干し台が置けるベランダであれば、基本的には使用に問題はないですが、念の為大家さんに使ってもいいか確認をとると安心でしょう。

ベランダをおしゃれに活用!目的別のおすすめ間取り

ベランダをおしゃれに活用!

ベランダなどの使用については細かいルールがあるものの、注意点を守って外観さえ損なわなければ「専用使用権を認められた」共用部分なのでどんなアレンジコーディネイトでもOK! せっかくスペースがあるなら、ベランダを物干しとしてだけじゃなく、こんな活用法をしてはいかがでしょうか?

・家庭菜園やガーデニングを楽しむ
・流行のベランダ・グランピングを楽しむ
・サブリビングとして使って部屋を大きく見せる

ベランダにお花や植木があるだけで部屋の中はとても明るくなるし、屋内から見える景色がとても素晴らしいものになります。
もちろん物件に合わせてベランダを活用しても良いですが、ベランダをメインで物件を探すとイメージにピッタリのコーディネイトができます!
ここでは、目的別で選ぶ物件の間取りについて紹介したいと思います。

ベランダで家庭菜園やガーデニングを楽しみたいなら?

ベランダで家庭菜園やガーデニングを楽しみたいなら?

マンションでも家庭菜園やガーデニングを楽しみたいなら…

・広めのバルコニー
・ルーフバルコニー
・テラス

がある物件が向いています。
もちろん屋根が付いているベランダでもいいですが、お花や植物への陽当たりを考えると植木鉢を置く位置を少し考えないといけないですね。
ガーデニング用・物干し用など、複数のバルコニーがあれば最高です!

ベランダグランピングを楽しみたいなら?

ベランダグランピングを楽しみたいなら?
ベランダグランピングを楽しみたいなら?

グランピングとは、”グラマラス”と”キャンピング”という言葉を掛け合わせた造語で、DIYが好きの人が挑戦している遊び心たっぷりの都会のアウトドアです。そのグランピングを、お家のベランダで楽しんでしまおうというのが、ベランダグランピング。
アウトドアやキャンプと聞くと「山でテント?」というイメージがありますが、ベランダグランピングは一味違います!
ホテルのように快適で豪華な空間で、都会の中にいながら自然を楽しめるというのがコンセプトです。

数年前から大流行している、ベランダグランピングを楽しみたいなら…

・広めのベランダ

がある物件が向いています。 屋外をラグジュアリー空間にするなら、フカフカのクッションやソファーなどを設置しますよね。そうなると、突然の雨でも慌てなくていい、屋根付きの屋外空間がベスト!
雨が降るたびに全てのインテリアや椅子を室内に…想像しただけで面倒でしょ?(笑)

バルコニーでもオーニングやパラソルがあればなんとかなりますが、限られた空間の中にパラソルを置くと非常時の通行の妨げになる可能性もあります。

ベランダを使って部屋を広く見せるなら?

ベランダを使って部屋を広く見せるなら?

ベランダを使って部屋を大きく見せるなら…屋外空間の種類だけじゃなくて窓のサイズにも注目しましょう。蒸し暑い夜でも、虫除けさえすれば暑さ対策にも◎です。

・奥行きのあるベランダ×大きな窓
・奥行きのあるバルコニー×大きな窓

窓のサッシが床と同じ高さだと移動もしやすいし、網戸や窓を全開にすればベランダが部屋の延長になってとても広くなります!
中にはクッションフロアを活用して、ベランダをリビングのように演出をする人もいますよ♪

ベランダの基礎を理解して、おしゃれにフル活用しちゃおう

今回は様々な視点からベランダについて解説してきましたが、皆さんの疑問はスッキリ解決しましたか?
ベランダには物干し以外にも沢山の用途があり、目的に合わせて物件を選ぶと理想通りのベランダ活用ができます。

最後に1つ言い忘れていたことがあるので付け足すと、ベランダをメインで使用する時間帯によってベランダの方角を選びましょう!

例えば…
・朝ごはんをベランダで楽しみたいなら東向き
・夕焼けを見ながらベランダで読書をしたいなら西向き
・洗濯物の乾き具合を最重要視するなら南向き
・絶対日焼けしたくないなら北向き

ベランダをおしゃれに活用してイキイキとした楽しい毎日を過ごしたいなら、ベランダメインで物件を探してみるのもアリですね!

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら