【画像1】

ホームインスペクションとは?

「ホームインスペクション」とは、日本語で「住宅診断」「住宅検査」などと訳され、住宅を調査してその建物の状況を把握するために行うものです。中古物件を購入したことがある方は、買い主として購入物件のホームインスペクションを受けた経験がある方もおられるかもしれません。

中古住宅の購入は、買い主にとっては「実際のところ、どのぐらいのコンディションなのか」といった不安がつきものです。そこで、不動産に精通したプロの住宅診断を受けることで、買い主は一定の安心感を得ることができます。

つまり、売り主としてお持ちの物件のホームインスペクションを受け、その結果を買い主に提示することができれば、買い主に大きな安心感を与えることにつながり、スムーズな売却へとつなげることができるのです。

ホームインスペクションの必要性

内装がきれいな状態か、水回りの設備の使用に支障がないかといったことと違い、物件の耐震性や構造がどういう状態なのか、メンテナンスの必要がどの程度あるのかといったように中古住宅の状態を正確に見極めるのは、素人目には判断が難しいです。

プロによる専門的なホームインスペクションを受けることができれば、レベルの高い検査で住宅の状態を診断してもらうことができ、普段は見えないような構造上の欠陥があった場合にも検知することができるようになります。

マンションの売却を考える方にとっては、マンション売却にともなうリスクの洗い出し、費用の発生が見込まれる建物の問題の洗い出し、建物に関する情報を買い主にオープンに伝えるための現状確認といった観点で、検討に値するサービスです。

ホームインスペクションを依頼するタイミング

ホームインスペクションを依頼するなら、原則販売活動をする前にしておきましょう。その理由はインスペクションの結果が販売活動に大きく影響するからです。設備が経年劣化で、あと数年で使えなくなるという結果が出たなら、事前に購入検討者に伝えておいた方がいいでしょう。
もし販売活動前にできなかったら、最悪でも「買い主から物件の申し込みが入った後」かつ「契約前」の段階で検査を受けるようにします。この時期は、買い主が具体的に見えてきた段階でありながら、売り主としては契約前なので、事前に伝えておけば修復義務を負わずに済むからです。

買い主にとっても、契約前に診断結果を確認できれば「買う/買わない」の判断の基準とすることができます。もちろん、購入に向けて修繕費用の相談をすることも可能になるでしょう。

【画像2】

専門家からのアドバイス

ホームインスペクションは一戸建ての方により効果を発揮しますが、マンションでももちろん有効です。

誰にとって有効かというと、意外かもしれませんが、買主ではなく売主にとってです。インスペクションを入れることにより「建物に問題があると分かったら資産価値に影響する」と懸念されるかもしれませんが、「この状態で売ります」と建物の現状で取引することができるので、後日のトラブルや出費を避けられるからです。
また、何かあっても販売前ですから、売買価格に反映しておけば良いだけです。

問題なのは、「この金額で売れた」と住み替え等の資金計画をしていたのに、設備等に問題があって予想もしていなかった出費を強いられることです。建物の現状を把握せず取引をした悲劇でしょう。
ちなみに私も昭和52年築の実家を売却するときにインスペクションを行いました。やって良かったのは言うまでもありません。

ホームインスペクションを利用する上での注意点

ホームインスペクションサービスはさまざまな会社が提供しており、不動産会社や建築士を通して専門家に依頼したり、検査を専門に行う会社に依頼するといった方法があります。

注意したいのは、そうしたさまざまな会社が行う診断の基準が統一されていないという点です。実施する会社によってどのような検査を行うのかが異なります。最悪の場合、専門家とは名ばかりの適当な検査で高額の請求を受けるということもありえなくはないということです。

そこで、依頼する会社を選ぶ際には、以下のような点に気をつけるといいでしょう。

担当者の名前や保有資格、写真を公開していること

情報をきちんと公開できることは最低限の条件といえます。

建築士の資格や経験があること

ホームインスペクションに関する民間資格もありますが、それがあれば万全とは限りません。担当者自身が建築士の資格を持っていることや、建築士として現場の経験を有しているかどうかということからは、専門家としての力量をはかることができます。

第三者の立場であること

売り主・買い主・仲介する不動産会社などと関係のある会社である場合、本当に客観的な検査結果を得られるのか不安が生じます。

ホームインスペクションの相場

基本的に、ホームインスペクションの一次診断は目視による診断です。その費用は住宅の種類や構造などによって異なりますが、一般的には5万円から8万円ほどが相場とされています。

耐震診断などを合わせて依頼する場合や瑕疵保険をつけたりする場合は、別途費用が追加されることが多いです。また、機材を用いた詳細診断を受ける際には、10万円以上になることもあるようです。

いずれにおいても、さまざまな要因によって料金が異なりますので、相見積もりを取ったり、依頼する会社や提供サービスについて詳しく確認しましょう。

おわりに

ホームインスペクションは、専門家である第三者の客観的な意見を聞くことで、売り主と買い主のリスクを減らすことができるものです。そのためには、信頼できる会社の診断を受けることが不可欠となります。有利に売却を進めるためにも、適切な会社を選び、ホームインスペクションを活用することを検討しましょう。

「@nifty不動産」は日本最大級の掲載物件数を誇る不動産情報サイトです。Webサイトだけでなくスマートフォンアプリからでも物件検索できるほか、住まい探しに役立つお悩みコラムなども多数掲載しています。


監修:

畑中 学(はたなか おさむ)

Profile
不動産コンサルタント・武蔵野不動産相談室株式会社 代表 1974年東京都生まれ。設計事務所にて一戸建てや公団分譲地を手掛けた後、不動産会社へ移り最年少で店長になる等、7年間にわたり不動産の販売・企画・仲介を責任者として携わる。2008年に創業。家に関する相談を約800組受け、お金の面から多くの方に満足のいく家づくりと家の買い方をサポートしている。 「不動産の基本を学ぶ(かんき出版)」「不動産の落とし穴にハマるな(同)」「マンション・戸建 中古の選び方(日経ビジネス)」「お金持ち入門(実業之日本社 不動産編)」など著書は多数。