不動産の基礎知識 住宅取得日記

住宅取得日記

けいさんの日記
けいさんの日記
ひとりもんの一戸建購入記

第33回 引越し

引越し業者選び

家電関係は既に新居に用意してあるのでそんなに荷物はありません。
引越しといっても私の場合、今住んでいる場所が6畳一間なので4トントラックとダンボール運搬の人夫で十分です。梱包から開梱、掃除までフルセットになったおまかせコースみたいなものは使いません。それになによりもう予算がないので、引越費用は可能な限り安くしたいという思惑もあります。
トラックをレンタルし、友達に手伝ってもらうことも考えたのですが、トラックの運転はしたことがないし、引越しは平日なので皆仕事があるためやめました。
引越し業者は適当に電話帳で探して、価格交渉も電話ですませました。ダンボールと4トントラック一台、人夫3人で2万2千円です。一月に引越しする人はあまりいないようなので、かなり値引きしてくれました。妥当な価格だし、相見積もりをとるのも面倒なのでこれでよしとしました。
この段階で、友人たちに一戸建てを買った旨を話したのですが、だいたいの反応は、
「順番が違うだろう!(普通は結婚してから家を買うだろう〜)」というものでした(笑)。でも、同業他社に勤める独身の友人は、「そうか、家を買ったのか・・・」と妙に納得しましたが。(この友人は、後日、ハウスメーカーのカタログ類をもって私の家まで相談しにきて家を建ててしまいました。どうも私と同じような事を考えていて、私に背中を押されたようです。)

片付け

いよいよ引越しです。正月休み返上で部屋の片付けをしていたし、運べる物は車で事前に運んでいたので、荷造りはそんなに手間はかかりませんでした・・・なんてことはなく、ひたすら箱に詰めても、さっぱり部屋の荷物が減った気がしません。悪いことに昔買った本が奥からでてくると、つい懐かしくなり読んでしまい、ますます作業が進まなくなってしまいました・・・
詰め終わってみたらダンボール40箱近くなりました。事前に運べるものは運んでいたつもりだったんですがね。
ひととおり片付けが終わったところで、今日はもう寝ます。疲れました〜。この部屋で寝るのも今日で最後です。おやすみなさい。

引越

次の日の朝、予定どおりの時間に引越し業者があらわれました。
数十個のダンボールやカラーボックス等をテキパキと運んでいきます。あっという間になくなりました。物がなくなってみると、六畳とはいえ広かったんですね(笑)
積みこみがおわったところで、新居に出発です。
平日はみな忙しいし土日に仕事がある人も多いので、送別会をやる習慣は寮にはありませんが、寮をでる際は、ビール1ケースを置いていくのが、半分、慣わしになっているので、今までお世話になったお礼として私もビール1ケースを置いていきます。

みなさん、さようなら・・・
このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
売買物件検索