不動産の基礎知識 住宅取得日記

住宅取得日記

くまぴょんの日記
くまぴょんの日記
勢いに任せてGO!GO!くま・ねこ夫婦の家探し日記

第33回 カーテンと照明と(1)

前回で、家の契約は完了。
カーテンと照明はサービスします、と言われたものの、その中身はまだこれから。
妻の考えた内装イメージを元に、検討していくことにしました。

照明のイメージ

一口に照明器具と言っても、ほんとに多種多様ですよね。

形状で考えると、天井にぴったり張り付いてすっきりした感じのシーリング、ひもでぶら下げるペンダント、ちょっと豪華な感じのシャンデリアなどなど。

光の色で考えると、明るくて見やすい蛍光灯色、暖かみがあって優しい感じの白熱灯色、その中間の昼白色あたりが一般的なところでしょうか。

そんな中で、妻が実家にいたころから気に入っていたのが、暖かみのある白熱灯を使ったシャンデリアでした。
電球色のシャンデリアって、なかなか落ち着いた雰囲気があって、おだやかな気分になります。
二人ともその雰囲気が気に入っていたので、照明はその路線に決定。

カーテンのイメージ

妻の好きな家具は、フォーマル系のもの。モダンとアンティークの中間と言えば分かりやすいでしょうか?
それに合わせるカーテンは、シンプルなものよりも、ちょっとアクセントのあるものの方が良さそうです。インテリア雑誌などを参考にしながら考えたのは、アイアン調のカーテンレールや、カーテンの上端にバランスを付けることでした。

妻がイメージのラフを描きながら、具体化していきました。各部屋のカーテンの色調、カーテンレールやタッセルの形などなど、始めてみるとたくさんあるものです。
インターネットで情報を集めながら、必要なパーツを一つ一つ決めていきます。

できあがった図を見ると、なかなか良さそうな感じです。

ここまで考えたものの、そのまま進めていいものか、それとも誰かに相談した方が良いのか、ちょっと迷うところです。

インテリアコーディネーター

迷った時にはプロに聞くのが王道。

実は、いままでの営業H氏とのやりとりの中で、
「カーテンと照明を選ぶ際にはインテリアコーディネーターを付けますから」と言われていました。
くまぴょん達としても、プロの意見はぜひとも聞きたいです。

営業H氏に日程アレンジをしてもらい、翌週、ハウスメーカーの営業所へ。
「コーディネーターさんって、どんな人だろうね」
「きっと素敵な組み合わせを提案してくれるよ」

そんな会話をしながら、くまぴょん夫婦の期待はふくらみます。
このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
売買物件検索