不動産の基礎知識 住宅取得日記

住宅取得日記

ピナさんの日記
ピナさんの日記
一人暮らしのセキュリティ〜安心のための家探し

第16回 不動産チェックその2

前回の続きの不動産チェックです。難しい用語ばかり続いて理解するのがたいへんでした。

土地環境条件(つづき)

B過去の土地利用状況について
以前近畿のマンションで、土地が汚染されていたため、住めなくなったという事件がありましたよね。
過去にそこがどのように使われていたか、ということは重要です。
こちらでは明治の初めごろまでさかのぼって調べてくれました。
古地図で明治初期、さらに平成のもの3枚。100年間ず〜っと畑でした。これらの地図によりこの土地の汚染の確率は低い、と判断されました。

ほかにもあるのですが、以前書いたものと重複する部分が多いので省略します。


地域環境条件

  1. 騒音・振動について
    その場で事務所の方が測定したそうです。特に問題ありませんでした。

  2. 浸水被害について
    過去、この地域が浸水被害にあったことがあるかどうか、を調査したそうです。ご近所の聞き取り調査、ハザードマップからも浸水被害はないということ。

  3. 大気汚染・臭気
    気になるような工場もなく、特に問題なし、です。

  4. 治安について
    ご近所への聞きとり、また市役所の防犯対策などからの調査ですが、空き巣が増えているとのこと。ただ県内全般で空き巣が増えているとの話も聞きましたので、これはもう自衛するしかないかな、と思いました。
    一軒家と違い、マンションなので、防犯も少しはいいかな、と希望をいだきました。



都市計画

用途地域、法規制等
これも問題なし。風俗営業などが許可されるような地区ではないようです。マンションの前が空き地なのですが、あとで確認したところ一戸建て用に整備する予定なのだとか。


売主・施工会社・販売会社

業績や過去の行政処分等についての調査です。とくに問題ありませんでした。

さていよいよ気になる建物そのものについての調査です。かなり長くなりますので、さらに次回に続きます。
このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
売買物件検索