不動産の基礎知識 住宅取得日記

住宅取得日記

結城りらさんの日記
結城りらさんの日記
結城ファミリーの“スローライフ”的!?家づくり

第5回 希望のカタチ(仮)

予算は1000万円

さて、私たち夫婦が希望しているような素材を使うと普通このあたりでは、安くても一坪当たり60万円ぐらいはかかるのが相場だった。
そんな中、予算は1000万円。
計画の延べ床面積が、オフィス部分も入れて約40坪強。
ってことは、...えっ、うちが建てられるのは一坪25万円の家!?
がぁぁぁぁん。
予算がないとは思ってたけど、現実はキビシイ。

うちのローコスト案

そこで、工務店に見積もりを取るにあたり、
  1. まず、構造は木造とするか、鉄骨造とするか。
    工務店によってどちらが安いかはケースバイケースなので、安い方にする。
    → 構造計算費用は予算外から別途、捻出する。(どこからだろう??)
  2. 外壁は、スレート葺き。工場によく使ってるグレーのやつ。
    でもあんまり悲しいので、前だけはコンクリート打ち放しにする。
    屋根材は耐久性も考慮に入れ、ガルバリウム鋼板。
  3. 内壁はどうしてもペンキ塗り希望。
    天井は、むき出しにする。
    普通は上階の床下地の下に天井を貼るところだが、省略。
    天井がないと、お風呂やキッチンなど水回りの配管がむき出しになってしまうが、極力隅の方に寄せることにする。
  4. 床(フローリング)は、普通は窓やドアの枠に使う無垢の南洋材(集成材)を見つけてきた。
    ただし非常に柔らかい素材で、固いものなどの衝撃でへこみやすいのが難点だが、それも、家族の歴史を刻むことになっていいじゃないか、と割り切ることにする。
    普通はクレームがつくので絶対に床には使わない素材だけれど。
  5. ドア枠もドアもオーダーで作る。
    ただし、ドアの素材はいちばん安くつく、シナという木材の合板。
    ドアハンドルは納得のいくメーカー品の中で、いちばんオーソドックスな価格帯の、シンプルなもの。
    ドアの蝶番はこだわってフランス丁番(でも出来るだけ安いメーカー品)。
  6. お風呂、洗面、トイレはホテルみたいにワンルームとして、ドアや壁を作る費用を削減。
    おかげで広々とした中で用を足せる。
    入浴中にほかの家族がトイレに行きたくなったら、そのときは一階のオフィスのトイレに走ってもらうことにする。
    バスタブも、洋式のもの(国産で、いちばん安いやつ)をタイルの床の上に置くだけとし、手間代をカット。
  7. 極力、間仕切りを排除して、オープンな空間とする。
    ドアやドア枠も数が多いとコスト増につながるため、個室として区切ったのは、
    ・オットの仕事部屋
    ・トイレ二ヶ所(家族用は、バスルームを兼ねる)
    ・寝室
    のみ。
  8. キッチンはアイランド型のみ、システムキッチン。
    お気に入りのイタリアのメーカー品を、特別に安くしてもらえる話になった。
    吊り戸棚も付けず、扉のない棚だけを付ける。
    そういうキッチンを洋書で見て、カッコよかったし。
    窓側の収納カウンターは家具屋さんに作ってもらうことにして、フランスのロジェール社のガスオーブンレンジを別置きにする。
    すべてシステムキッチンとするより、数十万円は割安になる予定。
   
さあ、しめてお幾ら!?
次回に続く
このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
売買物件検索