不動産の基礎知識 住宅取得日記

住宅取得日記

ゆふの日記
ゆふの日記
孟母三遷・マンション購入を夫婦で実践

第103回 最後に

長きに渡り、我が家の理想の住まいを探す旅にお付き合い下さり、
ありがとうございました。今回が最終回になります。

マンションの住み心地

新築マンションですが、すでに主人の入居から約1年半以上経っているので、これまでに数回経験した、新居の印象とは少し違います。
かなり荷物を減らしたつもりでしたが、今まで2人で住んでいた3LDKよりも数平米しか広くない新居に、3人分の物を収納するのはやはり大変でした。

周辺環境が静かなこと、周辺が平坦な道であること、住宅街でありながら、スーパーやコンビニが近くにあるのでとても助かります。

快適な住設備

実際に暮らしてみて、このマンションの快適さを実感しています。
主婦にとってキッチンとリビングは、多くの時間を過ごす大切な空間。
半カウンターなので開放感があり、リビングの窓から景色を眺めることができます。

キッチンのディスポーザーは優れもので、とても気に入っています。
野菜や果物の皮を一瞬のうちに粉砕して、ごみの量を減らしてくれますし、シンク内にゴミ入れを置く必要もなく、その分広く使えて衛生的です。
これから新居を購入される方で、ディスポーザーが付いていなかったら、ぜひこのオプションの検討をお勧めします。

終の棲家に

リビングと私の部屋が南東向きなので、夏の早朝からの暑さは予想以上のものでした。
でも総合的にみると、今まで住んできたマンションの中でもっとも暮らしやすく、快適さを感じています。
結婚後の約20年間に、6回の転居を経験しました。
私たちにとって、「より快適な住環境を探すこと」は、「より良く生きること」と同義だったように思えます。
このマンションが終の棲家になるように、メンテナンスを含め、良い状態を維持していきたいと思っています。

長い間お読み下さり、ありがとうございました。
これからマイホームを購入される皆さまが、理想に近い物件に巡り合うことができますように・・

このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
売買物件検索