@nifty不動産トップ > 不動産の基礎知識 > 住宅新報社ニュース > 設立記念フォーラム開催 来夏実施の試験概要発表 マンション管理員検定協
不動産の基礎知識 住宅新報社ニュース
ニュース速報 住宅新報社
2010年11月01日

設立記念フォーラム開催 来夏実施の試験概要発表 マンション管理員検定協

 一般社団法人マンション管理員検定協会(東京都中央区、日下部理絵理事長)の設立記念フォーラムが10月30日、都内で開かれた。マンション管理会社社員や検定受験希望者など約100人が来場した。

 同協会は、管理員の資質に関する統一基準を設け、マンション管理業界全体のレベル向上を図ることを目指し今年7月に設立。来夏に「マンション管理員検定試験」を実施する予定だ。

 当日は、日下部理事長が基調講演の中で、管理会社間の競争激化に伴いそれぞれに特色が求められている現状や、法整備の状況など業界動向を詳しく解説。今後ますます「管理の質」が重視される点を指摘したうえで、「現場に常駐する管理員こそ、そのマンションの「顔」」と語り、管理員の資質向上に力を入れる重要性を強調した。このほか、税理士の中山美穂理事らが登壇し、管理員雇用の観点から年金と税金の関係について説明した。

 第1回試験は2011年7月31日に、全国主要5都市(札幌、仙台、東京、大阪、福岡)で実施する予定。公式テキストは来春発売する。また、合格者を成績に応じ3段階に区分する方式を検討中で、その名称を12月末まで一般公募する(例:金、銀、銅など)。詳細はホームページで。
http://www.m-kanken.or.jp/


前のニュース    次のニュース
ニューストップ

Copyright (c) JUTAKU-SHIMPO-SHA,INC. All rights reserved.



このページの先頭へ戻る




戻る@nifty不動産トップへ戻る