@nifty不動産トップ > 不動産の基礎知識 > 住宅新報社ニュース > マンション管理員検定 1300人超が受験
不動産の基礎知識 住宅新報社ニュース
ニュース速報 住宅新報社
2011年10月07日

マンション管理員検定 1300人超が受験

 一般社団法人マンション管理員検定協会はこのほど、9月25日に開催した第1回「マンション管理員検定」についての報告をまとめた。

 受験者数は1352人。年齢別では60〜69歳が半数近くを占め、管理員を目指す個人の受験が目立った。一方で現役世代に絞ると、管理業者や不動産業者など職種が多岐にわたる傾向も。それぞれ研修の代わりに位置付けたり、知識を物件紹介時に生かしたりする狙いがあると見られる。このほか工務店が企業単位で申し込んだケースもあり、協会は「大規模修繕工事を請け負った際、管理員とのやり取りを円滑に進める目的があるのでは」と見ている。

 管理員の水準向上を通じ、マンション管理業界全体の底上げを図るのが同資格試験の狙い。開催は年2回の予定で、次回は名古屋会場を加えた全国6都市で実施する。
(http://www.m-kanken.or.jp/)


前のニュース    次のニュース
ニューストップ

Copyright (c) JUTAKU-SHIMPO-SHA,INC. All rights reserved.



このページの先頭へ戻る




戻る@nifty不動産トップへ戻る