住宅ローン 「FP(ファイナンシャルプランナー)に聞く住宅ローン相談」
質問カテゴリ 住宅ローンの組み方・選び方
<PR>【無料】大人気♪プロが教える賢い物件選びセミナー
住宅ローンの質問受付中!
相談 −転職して3ヶ月。ローン審査が心配です。−
転職をして3ヶ月しか経過していませんが、年収もアップし、気に入った物件がみつかったのでマイホームの購入の検討を行っています。
ただし、現在の勤務先の勤続年数が短いので住宅ローンの審査か心配です。
勤続年数が短いと住宅ローンを借りることはできないのでしょうか。
 
FP答え   住宅ローンの審査のときに、勤務先の勤続年数を審査基準の項目にしている金融機関はほとんどです。実際には、勤続年数についてははじめから2〜3年以上という条件を定めている金融機関もありますが、最近は転職する人が多いため、勤続年数については柔軟に対応する金融機関が増えているようです。

今回のご相談では新しい会社の勤続年数が3ヶ月ということですが、最低必要な勤続年数は金融機関によって審査基準が違うので、対応してくれるかどうかは候補としている金融機関に直接相談する方法はありません。

新しい勤務先の企業内容、新しい会社の年収(新しい会社の給与明細などの提出が求められると思います)、自己資金の準備状況、借入金額、返済期間など、勤続年数以外の審査基準も考慮して総合的に判断するケースがほとんどなので、勤続年数が短い場合は、審査の申し込みを正式にする前に、金融機関による住宅ローン相談会などで事前相談されるとよいでしょう。

そのときには、転職理由、職務経歴書などを説明できる準備をしておくことをお勧めします。転職理由については、ヘッドハンティングなどキャリアアップであれば好材料となるようです。また、職務経歴書では、転職前と転職後のキャリアに一貫性があることも重要なポイントになってきます。
注意点
正確なご回答するには、詳細をお聞きしないとできません。よって、今回はワンポイントアドバイスとなります。
借入や保険などに関することは、最終的に契約先の金融機関の判断になりますので、個別に確認してください。また、税務に関することは、最終税務署の判断となりますので、税務署または税理士に必ずご相談ください。
前へ 住宅ローン相談TOPへ 次へ





このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!