住宅ローン 「FP(ファイナンシャルプランナー)に聞く住宅ローン相談」
質問カテゴリ 住宅ローン控除について
<PR>【無料】大人気♪プロが教える賢い物件選びセミナー
住宅ローンの質問受付中!
相談 −住宅ローン減税は2013年入居までが対象とのこと。2014年以降はどうなる?−
住宅ローン減税についての質問です。
“住宅ローン減税は2013年入居“までが対象と聞きました。2014年以降はどうなるのでしょうか?
 
FP答え   現在の制度では、ご相談のように2013年入居までが住宅ローン減税の対象となっており、現段階では制度上2014年以降は住宅ローン減税の制度がない状況です。

【2013年入居した場合の住宅ローン減税】
毎年最大控除額20万円
控除期間は10年間なので合計の最大控除額は10年間で200万円

民主党政権から自民党政権に代わり、新しい税制に関しては2014年1月中に発表される税制改正大綱により2014年以降の住宅ローン減税をはじめマイホームに関する税制優遇制度ももとに法案が決定します。

消費税の引き上げが予定されており、マイホームの取得・購入については、建物の建築費や建物価格が消費税の課税対象となっているため、2014年以降も一定期間は継続される予定です。ただし、具体的な控除額などは現在検討中です。

よって、2014年以降の具体的な減税額や減税期間など制度の詳細は、自民党税制調査会による税制改正大綱、また国土交通省や財務省から発表される情報を都度確認されることをお勧めします。

注意点
正確なご回答するには、詳細をお聞きしないとできません。よって、今回はワンポイントアドバイスとなります。
借入や保険などに関することは、最終的に契約先の金融機関の判断になりますので、個別に確認してください。また、税務に関することは、最終税務署の判断となりますので、税務署または税理士に必ずご相談ください。
前へ 住宅ローン相談TOPへ 次へ





このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!