住宅ローン 「FP(ファイナンシャルプランナー)に聞く住宅ローン相談」
質問カテゴリ 住宅ローンにかかわる保険・保証
<PR>【無料】大人気♪プロが教える賢い物件選びセミナー
住宅ローンの質問受付中!
相談 −現在火災保険には加入しているが、地震が増えているので地震保険にも加入したほうがよい?−
現在、火災保険には加入していますが、地震保険に加入していません。
地震が増えているので、地震保険に加入したほうがよいのでしょうか?
 
FP答え   地震保険は、一部の損害保険会社の商品を除き、地震により巨額の保険金の支払いは民間企業の経営を揺るがす可能性があるため、政府が再保険することにより運営されています。ちなみに、東日本大震災の保険金の対象金額は2兆円以上といわれています。

火災保険は建物をもう一度保険金で立て直すことを可能とすることを目的とするために再調達価格(新価格)の契約が主流となっています。
しかし、地震保険の目的は“地震等による被災者の生活の安定に寄与すること”となっているため、火災保険と違って、地震などで建物に被害にあった場合、その建物を建て直したり、修復することが目的ではないことをまずは理解しておいてください。

また、一部の損害保険会社の独自の地震保険以外のほとんどの地震保険は、政府の再保険制度により、申込みをする損害保険会社は違っても、地震保険の内容は全く同一となっています。

保険対象範囲や、保険金の支払、保険料など、火災保険の詳細については、現在火災保険を契約している損害保険会社または損害保険会社の代理店にご相談されることをお勧めします。

《地震保険の概要》 (財務省HPより抜粋)

・地震保険は地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。

・地震保険の対象は居住用の建物と家財です。

・火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼、拡大した損害は補償されません。

・地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約となりますので、火災保険への加入が前提となります。地震保険は火災保険とセットでご契約ください。すでに火災保険を契約されている方は、契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。

・地震保険は、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的として、民間保険会社が負う地震保険責任の一定額以上の巨額な地震損害を政府が再保険することにより成り立っています。

注意点
正確なご回答するには、詳細をお聞きしないとできません。よって、今回はワンポイントアドバイスとなります。
借入や保険などに関することは、最終的に契約先の金融機関の判断になりますので、個別に確認してください。また、税務に関することは、最終税務署の判断となりますので、税務署または税理士に必ずご相談ください。
前へ 住宅ローン相談TOPへ 次へ





このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!