住宅ローン 「FP(ファイナンシャルプランナー)に聞く住宅ローン相談」
質問カテゴリ 登記・贈与・相続・課税について
<PR>【無料】大人気♪プロが教える賢い物件選びセミナー
住宅ローンの質問受付中!
相談 −親から住宅資金として1000万円の借入れを予定しているが、贈与税の特例を活かした返済はできる?−
親から住宅資金として1000万円の借入れを予定しています。
借入れの場合、金利の設定が必要とのことですが、贈与税の特例を活用し、一旦親からの贈与として受け取り、その後は毎年暦年贈与の非課税額110万円を親に贈与するという形の返済はできますか?
 
FP答え   ご相談について、国税庁のホームページでQ&A形式で次のような記載があります。

Q1,親から毎年100万円ずつ10年間にわたって贈与を受ける場合には、各年の受贈額が110万円の基礎控除額以下ですので、贈与税がかからないことになりますか。

A1,各年の受贈額が110万円の基礎控除額以下である場合には、贈与税がかかりませんので申告は必要ありません。
ただし、10年間にわたって毎年100万円ずつ贈与を受けることが、贈与者との間で約束されている場合には、1年ごとに贈与を受けると考えるのではなく、約束をした年に、定期金に関する権利(10年間にわたり毎年100万円ずつの給付を受ける権利)の贈与を受けたものとして贈与税がかかりますので申告が必要です。
なお、その贈与者からの贈与について相続時精算課税を選択している場合には、贈与税がかかるか否かにかかわらず申告が必要です。

記載には親から子となっていますが、子から親でも該当しますので、この記載にもとづけば、ご相談の場合は贈与としてみなされる可能性があり、親が贈与税を支払うことになります。

ただし、贈与としてみなすかどうかは、税務署の判断になりますので、税理士または最寄りの税務署に事前確認することをお勧めします。




注意点
正確なご回答するには、詳細をお聞きしないとできません。よって、今回はワンポイントアドバイスとなります。
借入や保険などに関することは、最終的に契約先の金融機関の判断になりますので、個別に確認してください。また、税務に関することは、最終税務署の判断となりますので、税務署または税理士に必ずご相談ください。
前へ 住宅ローン相談TOPへ 次へ





このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!