住宅ローン 「FP(ファイナンシャルプランナー)に聞く住宅ローン相談」
質問カテゴリ 住宅ローンの組み方・選び方
<PR>【無料】大人気♪プロが教える賢い物件選びセミナー
住宅ローンの質問受付中!
相談 −親から住宅購入資金を借りる場合、利息分に関して税務署に申告しないといけない?−
親から借りる場合、利息分に関して税務署に申告しないといけないですか。
 
FP答え   親が受け取った貸付金の利息は親の雑所得となり所得税が課税されます。
そもそも、雑所得とは、他の9種類(利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得)にも属さない所得をいいます。公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。

雑所得の金額は、次の(1)と(2)との合計額です。
(1) 公的年金等以外のもの: 総収入金額−必要経費
(2) 公的年金等: 収入金額−公的年金等控除額

なお、サラリーマンのように年末調整をした給与所得者で、雑所得など給与所得と退職所得の合計が年間20万以内であれば、確定申告不要となるので、親が給与所得者で受取利息を含めた雑所得の合計が20万円以下であれば、確定申告は不要となります。
ただし、親が自営業者や公的年金だけの収入であれば、受取利息の金額にかかわらず、雑所得として受取利息も合計して確定申告を行う必要があります。
ご相談の場合、詳細がわかりませんので、必ず最寄りの税務署に事前相談をして下さい。

注意点
正確なご回答するには、詳細をお聞きしないとできません。よって、今回はワンポイントアドバイスとなります。
借入や保険などに関することは、最終的に契約先の金融機関の判断になりますので、個別に確認してください。また、税務に関することは、最終税務署の判断となりますので、税務署または税理士に必ずご相談ください。
前へ 住宅ローン相談TOPへ 次へ





このページの先頭へ戻る




@nifty不動産トップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!