「ドラマ」に出た、憧れのあの街に住みたい!vol32.下北沢エリア

大人の下北沢散歩

今、注目のスポット 大人の下北沢散歩

若者の街といわれる下北沢にあって
大人も楽しめるスポットをご紹介。
ディープに和める時間をどうぞ。

おすすめスポットを見る

しもきた茶苑大山

しもきた茶苑大山

日本茶をもっとおいしく飲みたい、楽しみたい。
そう思ったときに、本当に頼りになるお店。それがこちらのしもきた茶苑大山です。
夏になると2階の喫茶室で出される抹茶やほうじ茶のかき氷も盛況で、長い行列ができることで知られます。下北沢のお茶の専門店といえば、まずこちらです。

そんなしもきた茶苑大山をおおいに盛り上げているのは、現在トップレベルの茶審査技術者である大山泰成さん、拓朗さん兄弟です。

茶審査技術者とは、茶の味や香りから生産地や品種を判定し、茶葉の見た目から一番茶、二番茶などの生産時期の判定ができる、いわば日本茶のソムリエ。鋭敏な感覚に裏付けられた豊富な経験と知識が要求される超高度な技術です。その十段の資格を持つ人は日本に5名しかおらず、なんとそのうちの2名が、大山さん兄弟なのです。

「東京では、色も味も濃く渋み苦みは少ない『深蒸し茶』が好まれるのが一般的なのですが、ここ下北沢では少し違います。昔ながらの『手揉み』の技術を受け継ぐ『普通蒸し』のお茶が好まれます。
茶葉が崩れ粉が多くなる深蒸しと違って、針のように細くピンとした茶葉が好まれるのは、下北沢がお屋敷街だったからだと思います。いかにも山の手らしい好みが、古い情緒とともに今もなお残っているんです」と語るのは兄の大山泰成さんです。

お店にはいると、まず試飲のお茶をふるまっていただけるのがうれしいところ。
しもきた茶苑大山のお茶は、もちろんオリジナルでブレンドしたものです。
日本茶の世界ではこのブレンドを「合組(ごうぐみ)」と呼びます。

「合組とは調合、つまりととのえあわせることです。独りよがりなものではなく、お客様のストライクゾーンに届けたい。ニーズにあわせた喜ばれる商品づくりを心がけています」と語るのは、弟の拓朗さんです。

「産地や持ち味の異なるお茶同士が、高め合い、補い合い、そして昇華する。合組は蛇足になってはいけない。ただのミックスではないんですよ」と拓朗さん。
合組をすることで、おいしくて飲みやすいお茶になる。
その作業を拓朗さんは「ハーモニーづくりのタクト振り」と音楽にたとえました。

お客様の「知りたい」という声に応えて、しもきた茶苑大山では、合組に使ったお茶を%で表示しています。
大山さん兄弟が作り出すお茶の味わいのヒミツを想像しながら飲むのも一興かもしれません。

「下北沢ではモノがよいのは当たり前。さらにリーズナブルな価格でないと売れません。そういう土地柄なんですね」と泰成さん。お客様に磨かれ、鍛えられ、今があるのだという思いが大山さん兄弟には常にあります。

今回のプレゼントは、そんなしもきた茶苑大山の「プレミアム茶師十段之茶」。
今年の東京都優良茶品評会に入賞した逸品で、大山さん兄弟がふたりで作り上げました。
まろやかな味わいが特徴で、飲んだあとも口中がさわやかに香ります。
どうぞ、ふるってご応募ください。

しもきた茶苑大山の創業は40年前のこと。兄弟の父である大山景源さんが創業しました。そもそものきっかけは一番街の「はらドーナッツ」の場所にあった親戚の茶店で景源さんがアルバイトを始めたことでした。
北口のこの一帯は、意外にも通りに名前がありませんでしたが、この秋、ついに名前がつきました。その名は「おちゃめ通り」です。お茶屋さんとメガネ屋さんがあるからこの名前なのかもしれません。

うちで飲むお茶が確実にレベルアップ。下北沢で暮らしたら、そんなことも起こります。

しもきた茶苑大山

お兄さんの大山泰成さん。日本の茶文化も研究しており齋田記念館の紀要にもほうじ茶に関する論文を寄稿しています。しもきた商店街振興組合の副理事長も務め、人間関係を大切にした街づくりに励んでいます。

しもきた茶苑大山

しもきた茶苑大山の「沢シリーズ」。北沢川によって形成された土地であり江戸時代から茶畑があった下北沢への思いを込めたネーミングです。100g525円から1260円、そして特選玉露の8400円まで、幅広い味わいがそろっています。こちらのほうじ茶も人気です。

しもきた茶苑大山

弟の大山拓朗さん。10歳のころからお店でほうじ茶を炒ってきました。ラクチンをしながらおいしいお茶を入れる方法も教えていただきました。

しもきた茶苑大山

茶葉のブレンドを意味する合組(ごうぐみ)のなかでも、口合(くちごう)と呼ばれる作業を特別に見せていただきました。その様子はこちらをご覧ください。

しもきた茶苑大山


住所:東京都世田谷区北沢2-30-2 地図を見る
電話:03-3466-5588
営業時間:10:00〜20:00
定休日:1月1日
アクセス:小田急線下北沢駅北口より徒歩約1分
URLhttp://homepage3.nifty.com/oyama-chaen/


 先頭へ戻る


おすすめスポットを見る


下北沢の不動産に関するご相談は成城センターへ!

■みずほ不動産販売 成城センター

■みずほ不動産販売 成城センター

下北沢周辺で住まいの購入や売却をお考えなら、
みずほ不動産販売成城センターにお任せください。
不動産投資や有効活用相談も承ります。



みずほ不動産販売インタビュー


 先頭へ戻る

@nifty不動産トップへ戻る


vol32.下北沢エリア

ロケ地ご紹介

注目スポットめぐり

フォトアルバム

エリア一覧

ドラマ一覧

ロケ地に住む