住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

諸費用について学ぶ前に

住宅を購入するときには、購入する方の多くが物件価格には敏感ですが、諸費用への意識が低い方が多いようです。

しかし、住宅購入時の諸費用は意外と高く、物件価格の3〜7%程度の金銭が必要となります。たとえば、物件価格が5,000万円であれば、150〜350万円もの諸費用が必要なのです。住宅購入の諸費用だけで車を購入できる金額になりますね。

こう考えますと住宅購入の諸費用の負担も軽く考えられませんね。諸費用についての正しい知識を得て、是非、住宅購入に役立ててください。

この特集では、住宅購入時に必要となる諸費用の種類とそれぞれの内容、目安となる金額について解説していきます。

ところで、それぞれの諸費用についてお話する前に、是非、知っておいて頂きたいことがあります。それは、諸費用の概算を知るタイミングです。住宅購入に必要な諸費用は、売買契約をされる前にある程度の金額はわかります。最終的に多少の誤差が生まれるとしましても、売買契約前に概算がわかるのです。

しかし、不動産会社のなかには売買契約前に諸費用の金額を細かく教えて頂けないこともあります。決して少ない金額ではありませんので、売買契約日よりも前の時点で、不動産会社に諸費用の概算額を提示して頂きましょう。

そして、この際に気をつけておくべきポイントは、諸費用の総合計額の概算だけではなく、諸費用ごとに金額を明記して頂く(明細を出して頂く)ことです。

「どの諸費用にいくらかかるのか?」ということを把握しておき、不明なものがあれば、事前に質問して解決しておくように心がけましょう。この「事前に」という点が非常に大事です。

売買契約を行う席上で、はじめて諸費用の明細を見たときをイメージしてみましょう。その席には、購入者であるあなた自身のほか、売主・仲介業者などもいます(ケースによります)。そのような場で、はじめて知った諸費用の内容に疑問があったり納得できないものがあったりしても、細かく質問したり状況によっては契約を延期・キャンセルしたりできるでしょうか?

その場の雰囲気や売主等に気を遣い妥協してしまうかもしれませんね。事実、そういう方は多いものです。

よって、必ず、諸費用の明細を売買契約を行う日よりも前に出していただき、その内容・金額等を確認しておくようにしましょう。

「合計額だけでなく、各諸費用の種類とそれぞれの金額がわかるように、諸費用の明細の一覧をください」とお願いしてみましょう。




このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索