住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

仲介手数料

仲介手数料とはどのようなものでしょうか?

仲介手数料とは、不動産会社に不動産を仲介(=媒介)して頂いた際に、その不動産会社に対して支払う手数料です。

住宅を購入する際には、不動産会社の仲介によって購入する場合もあれば、売主から直接購入する場合もあります。仲介手数料は、前者の場合に限り発生する諸費用です。

売主が不動産会社であっても仲介する不動産会社がいない場合には、売主から直接購入することになりますから仲介手数料は必要ありません。

この仲介手数料の金額は以下の表で求められます。

売買金額 手数料率
200万円以下の部分 5% 
200万円を超 400万円以下の部分
4%
400万円を超の部分 3%

たとえば、住宅の売買金額が3,000万円であった場合はいくらになるでしょうか?

200万円以下の部分 200万円×5% 10万円
200万円を超 400万円以下の部分
200万円×4% 8万円
400万円を超の部分 2,600万円×3% 78万円

上記を合計すると、96万円となります(簡便化する為に税抜きで計算しております)。

さて、この仲介手数料の計算方法ですが、売買金額が400万円超である場合には以下の式で簡単に求めることもできます。

売買金額 × 3% + 6万円 = 仲介手数料

上記の例をこの簡便な計算式に充てますと、

3,000万円 × 3% + 6万円 = 96万円

となります。同じ金額ですね。

日本の住宅の多く(都市部ではほぼ全て)において、売買金額が400万円超であるため、この簡便な計算式を覚えておけば誰でも簡単に仲介手数料を計算することができます。さらに簡単に考えるならば、売買金額の約3%だと言えます。これにより、住宅購入時の諸費用の総額が3〜7%程度と幅があることが理解できるでしょう。

仲介手数料には消費税がかかりますので、上記の例では、以下の負担が必要となります。

消費税  96万円 × 5% = 4.8万円
消費税を合わせた仲介手数料の合計額 = 96万円 + 4.8万円 = 100.8万円

3,000万円の物件の購入で100万円以上の仲介手数料ですから、大きな負担となりますね。






このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索