住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

印紙代(印紙税)

印紙税とは、印紙代と呼ばれることも多いです。契約書に貼る印紙の代金ですが、これは税金です。印紙は、売買契約書に貼ることはもちろんですが、建築工事請負契約書や住宅ローンの契約書(=金銭消費貸借契約書)にも貼ります。

これらの契約に必要な印紙税は、契約書に記載される金額ごとに以下のように定められています(実際の不動産の売買がよく行われる範囲の金額のみを記します)。

売買金額 印紙代
500万円を超え 1,000万円以下のもの 10,000円
1,000万円を超え 5,000万円以下のもの 20,000円
5,000万円を超え 1億円以下のもの 60,000円
1億円を超え 5億円以下のもの 100,000円

しかし、軽減措置により、平成21年3月31日までは、売買契約書や建築工事請負契約書の金額が1,000万円を超える場合には以下の通りに軽減されます。

売買金額 印紙代
1,000万円を超え 5,000万円以下のもの 15,000円
5,000万円を超え 1億円以下のもの 45,000円
1億円を超え 5億円以下のもの 80,000円
5億円を超え 10億円以下のもの 180,000円

但し、この軽減措置は、住宅ローンの契約(=金銭消費貸借契約書)には適用されませんのでご注意ください。

たとえば、売買代金が4,000万円の建売住宅やマンションの購入で住宅ローンの借入額が3,200万円であれば、

売買契約書の印紙税 15,000円
金銭消費貸借契約書の印紙税
20,000円

となります。






このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索