@nifty不動産トップ > 住宅ローン > 住宅購入費用のすべて > 住宅ローンの保証料と事務手数料
住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

住宅ローンの保証料と事務手数料

住宅購入時の諸費用のなかには、住宅ローンの借り入れに関するものが多くあります。

そのなかでも大きな金額となるものに住宅ローンの保証料があります。

 

住宅ローンを融資する金融機関がその債権を保全する為に保証会社による保証を融資する際の条件とすることがあります。

この際に、住宅ローンの債務者(=借入人)が保証会社に支払う金銭を保証料と言います。

このときの保証会社は、通常、金融機関の関連会社であるために、実質的には先払いの金利に近いものとも考えられます。

 

この住宅ローンの保証料は、どの金融機関でも必要というわけではなく、不要であることもよくあります。

金融機関や住宅ローンの種類にもよりますので、各金融機関にご確認ください。

ちなみに、この保証料が不要な住宅ローンの代表格はフラット35という住宅金融支援機構と民間金融機関の提携ローンです。

 

さて、この住宅ローンの保証料ですが、その金額の計算を住宅購入者が行うのは困難です。その理由として以下の3点が挙げられます。

 

・借入金額および返済期間によって異なる
・各金融機関によって異なる
・同じ金融機関でも各々の審査結果によって異なることがある

 

以上のように一律には算出できないものなのです。仮に、住宅ローンの借入額が3,000万円の場合に、50万円程度であることもあれば、100万円を超えることもあります。

 

これだけ大きな金額となる保証料ですから、これが不要である住宅ローンは魅力的だと言えますね。

なお、この保証料は上記で説明したように一括で支払う方法とは別に、金利に上乗せして支払う方法もあります。この場合、0.2%の上乗せであることが一般的です。

 

次に、金融機関に支払う事務手数料です。こちらは住宅ローンを利用する際に金融機関へ支払うもので、保証料と違いほぼ全てにおいて必要なものです。

但し、この事務手数料は保証料と比べてもそれほど大きな金額ではありません。

31,500円ということが多いですが、なかには105,000円ということもあります。借り入れ予定の金融機関へ確認してください。

 






このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索